岸上郁子・アポロジャパン社長

写真拡大

「印刷しても見えない」という次世代のコード技術がある。印刷物の黒インキにドットパターンを忍び込ませるもので、バーコードやQRコードのように場所をとらない。黒ペンなどで塗りつぶすこともできないので、セキュリティの面でも有用だという。開発したのは横浜市にある社員5人の中小企業だ。開発の背景を聞いた――。

■隠れ網点を忍び込ませる技術

バーコードやQRコードはさまざまな情報を埋め込める便利な技術で、世の中に広く普及した。しかし、情報量に限りがあることと、当然ながらコード情報が印刷されるため、デザインが損なわれるデメリットがあった。たとえ隅っこでも四角のQRコードがあれば、きれいな写真も台無しだ。

ところが、アポロジャパンが開発した「スクリーンコード」は、目に見えないので、印刷物に何の影響も与えない。その秘密は印刷物の中に忍者のように秘かに情報を伝える「隠れ網点」を忍び込ませることにある。

ちょっと複雑な話になるが、カラー印刷はC(シアン=青)、M(マゼンダ=赤)、Y(イエロー=黄)、K(キープレート=墨<黒>)の4色の網点を掛け合わせて表現する。

スクリーンコードはこのK版に「隠れ網点」を忍び込ませる技術だ。印刷物に専用の読み取り機で赤外線を照射し、墨インキに含まれるカーボンを読み取って、ドットパターンを認識する。

そうすると、黒い網点が印刷されてしまうのではないかと思うかもしれないが、心配は無用だ。墨網点は印刷面の黒色の上に載せる。黒色はCMYの掛け合わせによって表現できるため印刷面の黒色はこの3色を使い、残ったKをスクリーンコード用に当てるわけだ。

スクリーンコードは、1ユニットが1.8ミリ角のスペースの中に6×6=36個の網点(ドット)を配置して情報を表示する。1ユニットでなんと約280兆通りものパターンが表示できるという。単純計算では、A4用紙全面にスクリーンコードを印刷すると、A41枚で150枚分(A4印刷物換算)のデータ量を埋め込める。これは、QRコードのデータ量の100倍に相当する。社長の岸上郁子は語る。

「印刷物なら何にでも情報を盛り込めるので、言語、文化、年齢、障害など見えない壁を越えて世界を1つにすることができます。だから、『世界を変える、見えないドット』をキャッチフレーズにしています。コストもかからない手軽なIoTとも言えます」

IoTとは「Internet of Things」の略で、ネットに接続して情報のやりとりができるモノを指す。スクリーンコードならネットに誘導することも可能だし、それ自体に相当の情報量を盛り込めるので、海外旅行客が母国語で観光案内を読んだり、目の見えない人が音声で情報を得たりすることも可能だ。

■スマホで読み取れるコードも開発

バーコード同様、スクリーンコードにも読み取り機(リーダー)が必要になる。アポロジャパンでは2009年に「スピークン」というペン型の装置を開発、音声読み上げ機能も内蔵した。

英語教材にスクリーンコードを埋め込めば、ページにあわせて英語音声を出すことができる。すでにECCジュニアやベネッセなどの教材に採用されているという。2012年には「ものづくり補助金」を受け、失語症の患者向けのスピークンも開発した。録音機能を備え、家族や支援者が対象物にスクリーンコードを貼って録音しておけば、その物の名を読み上げることができる。

英語教材にはこれまでCDが添付されることが多かったが、スクリーンコードとスピークンを使えば、CDは不要になる。アポロジャパンでは「ScVoice」というアプリを開発、スクリーンコードにかざすとスマホから音声を再生できる。教育出版社のいいずな書店ではこの仕組みを採用することで、CD添付のない音声付き書籍を出版している。

2016年にはSendFeeling社から音声録音ができる育児日誌「MEMORIALBOOK'S」が発売された。スピークンが付属しており、子供の声などを録音して、記入した日誌のページにひも付けておけば、赤ん坊のときの泣き声や初めてしゃべった言葉などを記録しておくことができる。

さらに岸上は「最近ではトレーサビリティ用に使いたいとメーカーから問い合わせが増えています」という。その目的は「不当廉売」の追跡だ。不当に安売りされた製品があった場合、製品のタグなどにスクリーンコードを埋め込んでおけばどのルートから流れたのか追跡できる。メーカー側が以前、QRコードを印刷しておいたところ、コード部分が黒く塗りつぶされたことがあったという。スクリーンコードであれば、どこにコードが埋め込まれているのか分からないので、ごまかしようがない。現在、ブランドオーナーのメーカー3社と交渉中だという。

また生命保険会社からは、書類のセキュリティ強化にスクリーンコードを使いたいという相談が寄せられているという。

個人認証にも活用できる。ICカードなどを発行しなくても、スクリーンコードを印刷した紙を代用すれば、入場ゲートなどで入退室を管理できる。

スピークンも少しずつ普及してはいるが、読み取り機を前提としたビジネスでは一般へは広がりづらい。そこで、アポロジャパンではスマホで読み取れるスクリーンコードとアプリも開発した。

こちらは、印刷物とは違って1ユニットが1センチ角で9×9=81ドットと大きめになっており、目立たないような薄い黄色のドットを認識する仕組みになっている。

スマホで認識できれば、販売促進用にも利用できる。例えば、商品ラベルに印刷して関連情報を表示できる。ラベルだけでなくペットボトルのキャップなどにも印刷できる。

■クラウドと組み合わせたIoTサービスへ

スクリーンコードの開発者は岸上の夫で、アポロジャパン創業者である顧澤蒼(コ・タクソウ)だ。中国出身の顧は、中国にも現地法人を設立し、スクリーンコードの普及を進めている。

顧は、大阪府立大学で学位を取得後、1995年に中国天津市に天津アポロ電子を設立、東レが開発した複雑帳票組版「FXシステム」の技術開発を請け負った。このとき、発色のきれいなカラー合成技術を生み出した。この技術がスクリーンコードの土台となった。

2005年にアポロジャパンを神戸に設立し、ソフトの受託開発を始めた。当時、電子画像に情報を埋め込む電子透かし技術はあったが、印刷画像では不可能と思われていた。そこで、顧は挑戦し、2006年にスクリーンコード生成ソフトと読み取り用ソフトおよびデバイスを開発した。

その成果は複合機メーカーのセキュリティソフトに採用され、コピー禁止のコードを埋め込むために使われた。

スクリーンコードに関する技術特許の出願は計107件にのぼり、日本、中国、アメリカ、EUなどで申請している。

かつてアポロジャパンは業務用ソフトの受託開発がメイン事業だった。だが、2008年のリーマンショックで仕事が急減。自社製品の開発に舵を切った。

「自社技術で勝負するならいまだと考えて、神戸から東京へ進出しようとしたのですが、資金不足で東京の事務所を借りることができず、インキュベーション施設である横浜リーディングベンチャープラザに入居しました」(岸上)

現在、アポロジャパンのビジネスモデルとしては、スクリーンコードとクラウド、スマホを組み合わせたIoTサービスに転換しつつある。

「当社だけでは営業力も足りないので、信頼できるパートナーが見つかれば資本提携を結んで協力し合い、もっと世の中に役立つ利用方法を考えたいと思います」

見えないコードが世界をつなぐまで、アポロジャパンの挑戦は続く。

(文中敬称略)

----------

株式会社アポロジャパン
●代表者:岸上郁子
●創業:2005年
●業種:スクリーンコード関連の読み取り機器、パッケージソフトなどの開発・販売
●従業員:5名
●年商:9470万円(2016年度)
●本社:神奈川県横浜市
●ホームページ:http://www.apollo-japan.ne.jp/

----------

(ジャーナリスト 吉村 克己 写真提供=日本能率協会、アポロジャパン)