この夏、充実した練習を積んできたスピードスケート女子の小平奈緒(相澤病院)は、長野市エムウエーブで行なわれた公開練習で、男子選手と一緒に250m加速や全力での500mを披露した。


男子選手と同じペースで滑る練習を公開した小平奈緒

 非公開だった9月の帯広合宿のタイムトライアルでは、昨季までの日本記録を上回る37秒2台のタイムを出したという。小平は「その時期の帯広の氷は滑るという話も聞いているし、男子と同走で、その選手を追えたというのもよかった」と振り返りつつ、「滑りに関しては、このあとのタイムトライアルで見極めていきたい」と冷静に答えた。

 また結城匡啓(まさひろ)コーチも帯広で出した好タイムについて、「タイムトライアルの前にテスト的に400mや600m、100mのマックスも入れていたので、出てもおかしくない数字だった。小平自身は、動きは少し硬くなったと話していたけれど、もうちょっとよくなる雰囲気もある」と話す。

 今季も順調が続いている小平は、「今年は男子選手と一緒に練習をしているので、頭の中でのマインドセットが男子並みになっている」と言う。

「女子の中で戦うので、その中でどんな順位を取るかが大切かもしれないですが、今男子がやっている滑りが10年後の女子の滑りになるということを結城先生とはよく話しています。まだ女子では誰もやったことのない滑りをしたいなと。そう考えると、スケートというスポーツを高めたいというところにすごく意識が向いてきて、今はすごくそれが楽しいという感じです」

 男子と女子では筋力も体格も違う。カーブを曲がる時の体の角度や姿勢の低さは、まだ女子では体験できていない部分だという。そのために体脂肪を減らすことや、筋力をアップさせるという面では、自分のできる範囲で男子に近づける努力もしている。

「男子とやることでこれまで体感したことのないスピードを経験できますが、パワーや体格が違う中で一歩のストロークを合わせるには、自分で工夫を徹底的にしなければいけない。正面から見れば、男子の滑りの中に隠れてしまうくらいの小ささで、なおかつ同じストロークで滑るというのが今目指していることです」

 その中で考えたのがしなやかな滑りだ。「ただ単に力強いだけではなく、しなやかさと躍動感がある、見ていて『きれいだ』と思われるような滑りができればいい」と小平は話す。

 この公開練習の日、ふたりの男子選手とともに行なった加速からの500mではスムーズな動きが目立った。「ここで氷に力を伝えている」というのがわかりにくくなっている滑りだ。小平は「力は使っているけど、使い方が変わったからだと思います。筋肉の使い方というより、体全体を機能させる感じですね」と、今までとは違う滑りを説明する。

 そんな変化はウォーミングアップのストレッチの中でも見えた。感覚としては、「しなやかさにつながるエクササイズです。そのしなやかさが氷に伝わるのはもちろん、それが手の指先まで行ったり来たり、体の中を流れているようにしたいと考えています」と説明する。男子とのパワーや体格の差を、体全体をしなやかに大きく使うことで補おうという考えだ。

 小平が「自分が元々持っているものがすごく生かされる道具。いいタイミングでいい巡り合いができたという感じ」と言う、昨シーズン中の1月から替えたブレードも今の滑りを支えている。結城コーチはこう説明する。

「進み方がぜんぜん違って、ひとりだけ追い風が吹いている感じ。運よく気に入ったブレードとめぐり合えた昨季の1月以降は、そういう滑らかさがありました。氷に刃がついている時間が長くなったことで、力を伝えられる時間も長くなり、スーッと抜けるつなぎの部分も滑らかになりました。全力だけど、しなやかな感じになったと思います。それを昨シーズンの後半に体験できた上で陸上トレーニングに入れたので、力強さだけではなく、体の捻りをもう少し大きくしようというところに結びついた感じです」

 春の陸上トレーニングの段階から昨シーズンの続きのような感覚があったという小平は、昨季の好成績で積み上げてきたものをリセットすることなく、そこからさらに進化している感覚を持ってシーズンを迎えようとしている。それでも平昌五輪へ向かう気持ちは冷静だ。

「今の課題はマイペースを崩さないということ。五輪もW杯もタイムトライアルもリンクで滑るということは変わらないし、大会名が変わるだけ。自分の中では滑ること以外は考えることもないので、気負うことなく究極の滑りを追求するだけです。だから、いいタイムが出たからといって『今がピーク』という考え方より、本当に1戦1戦積み上げていった上で、まだその先があるという過程に平昌五輪があるという考え方でいきたいと思います」

 小平は以前、平昌五輪について「これで準備ができたな」という状態ではなく、ひらめき続けて勢いを持ったまま駆け抜けたいと話していた。06年トリノ五輪の1500mで優勝したシンディ・クラッセン(カナダ)が、その後のW杯の3000mで世界記録を出したようなイメージで、その思いはまったくブレていない。

「やっぱり環境が人を変えるのだと思いますね。男子と一緒に練習をさせてもらうと、本当に高いレベルで高い意識を持っていないとついていけないので。そうしていることで自然に意識が変わった。スケート選手として、スケート人生の中で誰よりも速く滑りたいというのはみんなが持っていることだと思うので、誰かに勝ちたいというよりもどんな滑りができてどんなスピードが出せるのかを……。それでゴールしたあとに観客のどんな顔が見られるのかというのが自分の中では楽しみです。自分が何かゾクゾクとするようなレースができたら、このうえなく楽しいスケートになるのかなと思います」

 そう言って明るい笑みを浮かべる小平に、気負いはない。マイペースで自然体のまま五輪シーズンに臨もうとしている。

■冬季競技 記事一覧>>