公開されたPVのスクリーンショット。(c) 石田スイ/集英社・東京喰種:re製作委員会

写真拡大

 2018年に『東京喰種:re』がTVアニメ化されることが発表された。現在TwitterでのアナウンスやPV公開と共に、『東京喰種トーキョーグール』アニメ公式サイトなどもそれを受け、この『東京喰種:re』仕様へと変更されている。

【こちらも】かなり重なる『亜人』と『東京喰種』、その違いを解説

■主人公・佐々木琲世を演じるのは花江夏樹

 今回もたらされたこの情報は、『東京喰種トーキョーグール』の原作者・石田スイによるTwitterでの報告や、アニメ公式からのアナウンスなどで判明した。

 10月5日の夜、石田のTwitterアカウントから「こんにちは、おひとつよろしく〜」のメッセージと共に、『東京喰種:re』ティザーPVへのリンクが流されたのだ。PVでは、本作が2018年にTVアニメ化が決定したことなどが告知されており、それと同時にアニメ公式サイトではTOPなどが、『東京喰種:re』へと一新されている。

 また本作の主人公である佐々木琲世(ささき はいせ)役は、前作の主人公・金木研を演じた花江夏樹が担当することも発表。サイト内では花江から寄せられた、喜びのコメントも掲載されている。

■人とグールの戦いを描いた『東京喰種-トーキョーグール-』

 石田スイ原作の『東京喰種:re』とは、現在「週刊ヤングジャンプ」にて連載中のダーク・ファンタジー漫画である。人肉を喰らう事で命を繋ぎ、驚異的な能力を持つ「喰種(グール)」をテーマにしており、その物語の奥深さから多くのファンを魅了した人気作品だ。

 第1部となる『東京喰種トーキョーグール』は、気弱な青年・カネキがグールに襲われたことを気掛けに自身もグールとなったことで、人とグールとの壮雑な戦いに巻き込まれていく。こちらは2011年から3年間連載されており、2014年と2015年の2度に分けTVアニメ化もされている。

 今回TVアニメ化が決定した『東京喰種:re』は、2015年に放映された『東京喰種トーキョーグール√A』から2年後を舞台として描かれている。主人公もカネキからハイセへと変り、今回から登場する実験体集団「クインクス」を絡めながら、新しく物語が綴られていく。

 今夏には実写映画が公開されるなど、さまざまな話題を持つ人気作品だけに、これからの続報を心待ちにしたいと思う。