ウォーカーが相手GKのパスをカットしてクロスを入れると、これにケインがダイレクトで合わせて劇的な決勝ゴール! キャプテンを務めたエースが、しっかり試合を締めた。 (C) REUTERS/AFLO

写真拡大 (全2枚)

 10月5日(現地時間)、ロシア・ワールドカップ欧州予選の第9節が各国で行なわれ、新たに2か国が来夏の本大会へ駒を進めた。

 勝てば無条件で予選突破を決められたドイツは、敵地に乗り込んでの北アイルランド戦で、開始2分にルディが先制ゴールを奪うと、21分にはヴァーグナーが加点。完全に有利な状況で試合を進め、86分にはキミッヒがダメを押し、ホームチームの反撃をアディショナルタイムの1点に抑えた。
 
 9戦全勝のドイツは、17大会連続19回目の本大会出場を決め、またグループCからは北アイルランドが2位で来月のプレーオフに臨むこととなった。
 
 グループFでは、イングランドもロシア行きを決めた。ウェンブリーにスロベニアを迎えた一戦はスコアレスのまま進んだが、アディショナルタイムの4分、ケインがようやくゴールを決めて、母国を6大会連続15大会目の本大会へ導いた。
 
 試合自体は劇的な結末となったが、(戦前に2位だった)スロバキアがスコットランドとのアウェーマッチでスコアレスが続き、このまま行けば、イングランドは引き分けでも予選突破は決まっていた。
 
 なおスロバキアは、89分にオウンゴールを献上し、土壇場でスコットランドに2位の座を譲り渡した。最終節(10月8日)では、スコットランドがアウェーでスロベニアと、スロバキアはホームでマルタとそれぞれ対戦する。
 
 最後にグループEでは、首位ポーランドがレバンドフスキのハットトリックを含む6ゴールでアルメニアを下し、勝点を22に伸ばした。
 
 一方、モンテネグロとデンマークによる2位争いの直接対決は、アウェーの後者が1点を守り切り、勝点19で首位通過にも望みを繋いだ。最終節(10月8日)、デンマークがルーマニアをホームに迎えるのに対し、モンテネグロはアウェーでのポーランドという厳しい一戦に臨む。
 
 5日の試合結果と3グループの9節終了現在の順位は以下の通り。6日はグループD、G、Iの9試合が行なわれる。
 
◇グループC
アゼルバイジャン 1-2 チェコ
サンマリノ 0-8 ノルウェー
北アイルランド 1-3 ドイツ
順位
1位 ドイツ 勝点27
2位 北アイルランド 勝点19
3位 チェコ 勝点12
4位 ノルウェー 勝点10
5位 アゼルバイジャン 勝点10
6位 サンマリノ 勝点0
 
◇グループE
アルメニア 1-6 ポーランド
モンテネグロ 0-1 デンマーク
ルーマニア 3-1 カザフスタン
順位
1位 ポーランド 勝点22
2位 デンマーク 勝点19
3位 モンテネグロ 勝点16
4位 ルーマニア 勝点12
5位 アルメニア 勝点6
6位 カザフスタン 勝点2
 
◇グループF
スコットランド 1-0 スロバキア
マルタ 1-1 リトアニア
イングランド 1-0 スロベニア
順位
1位 イングランド 勝点23
2位 スコットランド 勝点17
3位 スロバキア 勝点15
4位 スロベニア 勝点14
5位 リトアニア 勝点6
6位 マルタ 勝点1