日立製作所のヒューマノイドロボット「EMIEW3」

写真拡大 (全4枚)

「Siri」や「ワトソン」など、人と会話ができるAI(人工知能)技術は目覚ましい勢いで進化を遂げているが、そうした頭脳を詰め込んだロボットは近い将来、われわれの生活に欠かせない存在となるのだろうか。10月6日まで幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれている「CEATEC JAPAN 2017」で、当サイト記者がその親和性を探ってみた。

 最初に訪れた日立製作所ブースでは、“人と共に生きる”をコンセプトに開発が続けられているヒト型ロボット『EMIEW3』がいち早く記者を察知し、「こんにちは!」と腕を上げてお出迎え。撮影しようとカメラを構えると、「記念撮影しますか?」とポーズまでとってくれた。

 EMIEW3は頭部に14個のマイクが搭載され、雑踏の中でも人の声を聞き取る能力がある。また、4つの車輪で最高時速6km/hで移動できるため、ロボットのほうから人に近寄ることができ、たとえ倒れても自ら起き上がる。

「銀行での接客業務や、駅・空港など人がたくさん集まる場所での案内業務はそつなくこなせます。手で紙を持つこともできるので、移動しながら新規オープン店の呼び込みをするなんてシチュエーションもあるでしょう」(日立製作所の担当者)

 今回、日立ブースでは高齢者と一緒に過ごす球体型ロボットのコンセプトも展示。「クスリはちゃんと飲みましたか?」と話しかけたり、人の表情に合わせて笑ったり驚いたりする機能も備える。「ゆくゆくは高齢者とのコミュニケーションでデータ化された情報を家族や医療機関に報告して認知症の予兆を発見できないかと考えています」(前出・担当者)

 次に向かったのはシャープのブース。同社は早くから家電にインターネット接続機能を持たせた“スマート家電”を開発。喋る電子レンジやロボット掃除機、会話もできるモバイル型ロボット電話『ロボホン』などを次々と発売してきた。

 そして、今回はシャープが駆使する「AIoT(人工知能とモノのインターネットを組み合わせた造語)」を家庭内でつなげる対話型ロボット「ホームアシスタント」も発表された。形は雪だるまに似ていてかわいらしく、人間が話しかけることで、いろいろな家電が操作できる。

「ユーザーの生活スタイルに合わせて他社サービスと連携し、ロボットから喋りかけることもできます。例えば『エアコンの○○部品の交換時期がきてますよ』とか『今日は寒いので窓に結露がついてませんか?』とか。ホテルの室内では『お腹すいてませんか?』と尋ね、即座にお客さんが食べたいものの店を紹介することもできます。

 そのうち、『余計なお世話だ!』と言われるかもしれませんが、人の嗜好や個性をクラウド上でデータベース化していくので、日々話しかける話題に反映させたり、有益な情報だけを増やしていくことができます」(シャープの担当者)

 その他、NTTが開発した会話ロボット『Sota(ソータ)』の指示に従って棚にあるペットボトルを持ってきたり、床に落ちた紙などを拾い上げたりもできるトヨタ自動車開発の生活支援ロボット『HSR』など、超スマート社会の実現も予感させるロボット技術の数々を見学。

 そして、最後に向かった玩具メーカーのバンダイナムコグループのブースで、違った意味で驚愕の対話型ロボットを目にした。

 ここではバンダイと日本IBM、VAIOが協業で開発した『機動戦士ガンダム』の知識を豊富に持ち、心ゆくまでガンダム話に花を咲かせることができる『ガンシェルジュ ハロ』など進化したAIロボットの展示もあるのだが、ユニークなのはグループ会社のウィズが開発した新コミュニケーション玩具の対話ロボット『QC-RO(キューシロー)』だ。

 何が驚きなのかというと、人間との対話が成立しているようで、まったく噛みあわないのである。

担当者:昔の名作ゲームの話したら、一緒にゲームつくろうって言ってたよね。
QC-RO:壮大な……でしょ?
担当者:そうそう。覚えてたんだね。
QC-RO:お客さん、風呂って壮大?
担当者:さっき話したのは、風呂じゃなくて“プロ”だよ。
QC-RO:客ヤバい!
担当者:お客様はヤバくない!!(ロボットの頭部にあるボタンを軽く叩く)
QC-RO:あ〜怒られちゃった。

 まるで漫才のような掛け合い。スムーズな会話ができるAIロボットが多数展示されているCEATECの中では“出来の悪さ”が際立ってしまうが、実はそこが狙いだという。開発担当者がいう。

「人の質問に正しく答えるAIはたくさん出始めていますが、われわれのような玩具メーカーが便利なAIをつくっても到底他社にはかないませんし、そこは敢えて目指していません。

 それよりも、多少おバカなことやデタラメなことを言っても“相棒”として愛着を感じ、自分の好きな話題で喋ってくれるかどうかに主眼を置いて開発しました。イラッとさせることも多々ありますが、ときにホロっともさせてくれる。人間が感情を揺さぶられ、一緒に会話を楽しむことができる。こうした飽きないロボットの開発こそわれわれが得意とする分野なんです」

 単にスムーズな対話能力や生活のサポートのみならず、コミュニケーション自体を楽しませる“人間らしさ”まで追求し始めたロボット。今後、日本社会でどれだけ広がっていくのか。IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏が予想する。

「日本人はスマホにしても音声認識機能を多用する文化が浸透していないので、ロボットとの会話にストレスを感じなくなり、利便性だけを享受できるようになるまでにはまだ時間がかかると思います。

 ただ、来たるべき超高齢化社会に、料理でも洗濯でも次の動作を事前に知らせてくれるだけで利便性は相当高まりますし、何より寂しさを紛らわせることもできるかもしれません。この先、人間の気持ちを“忖度”して空気を読んでくれるようなロボットが登場したら、もっと自然な形でロボットと共生することができると思います」

 すでに大手家電メーカーの中には、高齢者にターゲットを絞り、聞き取りにくい言葉でもきちんと認識して会話が続くよう、実証実験を繰り返しているところもある。果たして、ロボットはどこまで様々な人間のライフスタイルに寄り添うことができるか。