【詳細】他の写真はこちら

自宅で「OK、Google」と口にする機会が増えそうです。

Googleのスマートスピーカー『Google Home』が、本日(2017年10月6日)より、日本国内でも購入可能になります。米国ではすでに主要な家電量販店で普通に販売されていた製品ですが、およそ1年ほど遅れての日本市場上陸となりました。



けっきょく『Google Home』でなにができるのか?





音声だけで操作できるスマートスピーカー『Google Home』。サイズと形状は、ちょうどスターバックス コーヒーの一番大きいタンブラー(ベンティサイズ)よりもやや背が低くてちょっと太めといったところ。

一応本体上部の平面はタッチコントロール対応になっているものの、基本的には「OK、Google」で始まる音声コマンドにより、ウェブ検索から映像・音楽コンテンツの再生、スマート家電のコントロールまでを行える、Googleアシスタント搭載デバイスです。



具体的にできることの代表例は、「月までの距離は?」「ライオンの鳴き声は?」「YouTubeでウサギの動画を再生」といった音声による検索・コントロール。いわゆるスマホのGoogleアシスタントと同じようなことは一通りできます。



YouTube、Netflix、Spotifyなどに加え、「朝日新聞アルキキ」「NHKラジオニュース」「J-WAVE TOKIO HOT 100」など、ニュースや情報のオンデマンド再生に対応。もちろん一部スマート家電の制御も可能で、発表会の壇上ではIoT照明『Philips Hue』の光量を調節するデモなどが行われていましたよ。ほかにも対応機器は「ルンバ」など、今後増えていく予定とのこと。

最大6名までのGoogleアカウントを登録可能





「明日の予定は?」「職場までの交通状況は?」など、ユーザーのGoogleアカウントに紐付けされた情報を読み上げさせることもでき、最大6人までのGoogleアカウントを登録可能。「ボイスマッチ」機能によってそれぞれのユーザーの声を聞き分けてくれるのも賢いところです。



「HE-AAC」「LC-AAC+」「MP3」「Vorbis」「WAV(LPCM)」「FLAC」に対応したワイヤレススピーカーであり、Googleアシスタントを使わないときにはミュートボタンでマイクをオン/オフ。音声コマンドで楽曲を指定してGoogle Play Musicから音楽再生をすることも。



Googleによると、アメリカではすでにGoogle検索の20%は音声によって行われているとのこと。対して日本市場ではまだ音声コントロールは一般的とは言えないのが現状です。しかし同社ではスマートスピーカーからのオンライン決済をはじめ、全ての機能を日本市場に持ち込むことを目指していると言います。

そんな状況下でAmazon、アップルといったライバルに先んじて日本上陸を果たした『Google Home』は、希望小売価格1万4000円でGoogle Store、auショップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天で販売開始。年末に向けて盛り上がること必至の国内スマートスピーカー市場を切り開くこととなりそうです。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト



Google Home スマート スピーカー&ホーム アシスタント(Google ストア)