シリア戦ドローの豪州、“悪夢のPK”に嘆き節 「ソフトペナルティー」「手に負えない」

写真拡大

アジア・プレーオフ第1戦、豪州が先制するも後半40分にシリアにPK献上

 ロシア・ワールドカップ(W杯)のアジア・プレーオフ第1戦、シリア対オーストラリアの一戦が5日に中立地マレーシアで行われ、1-1のドローに終わった。

 後半40分にシリアがPKを決めて土壇場で同点に追いついたが、その判定に納得のいかないオーストラリアの選手たちからは、「ソフトペナルティー」「僕らの手に負えない」「レフェリーはペナルティーを与えたかったんだろう」と怒りの声が挙がっている。

 シリアの政情不安を受け、中立地マレーシアのマラッカで行われた一戦には、“波乱”が待ち受けていた。

 序盤から攻め込んだオーストラリアは前半40分、右サイドからペナルティーエリアに侵入したMFマシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)が左足で放ったシュートを、ゴール前に走り込んだFWロビー・クルーズ(ボーフム)が押し込んで先制。その後もオーストラリアがゲームを優勢に進めていたが、試合終了まで残り5分となった後半40分にドラマが待っていた。

 シリアが右サイドからゴール前にクロスを供給。FWオマール・アル・ソーマ(アル・アハリ)とオーストラリアのレッキーが競り合う。アルソマの背後から飛んだレッキーが空中戦を制し、頭でクロスをクリアしたかに見えたが、アリレザ・ファガニ主審は弾き飛ばされたアル・ソーマへのファウルをコールし、シリアにPKが与えられた。

「PA内で何が起こったのか分からない」

 レッキーの右腕がアル・ソーマの背中に触れているようにも見えるが、空中戦自体は前者が完全に制している。オーストラリアの選手たちは両手を広げて抗議したが、判定は覆らず。自らキッカーを務めたアル・ソーマが冷静に決め、土壇場で1-1のドローに持ち込んだ。

 納得がいかないのはオーストラリアの面々だ。豪州メディア「News.com.au」は、「物議を醸したペナルティーがサッカルーズを拒む」と特集。「レフェリーがシリアにペナルティーを与えた瞬間、オージーの望みは打ち砕かれた」として、オーストラリア選手や監督、関係者の試合後のコメントを紹介している。

「ペナルティーエリアで何が起こったのか分からない。物事は僕らの手に負えないところに行ってしまった」(マーク・ミリガン主将)

「絶対にペナルティー(キック)じゃない。レフェリーはペナルティーを与えたかったんだろう。以前も彼が裁いた試合があったが、あのレフェリーならあると思っていた」(クルーズ)

「ソフトペナルティーだ」(アーロン・ムーイ)

「判定は我々に不利に運んだ。それが現実だ」(アンジェ・ポステコグルー監督)

「レフェリーのペナルティーの判定は不当だ」(元シドニーFCのCEOトニー・ピナータ氏)

運命の第2戦を制すのは豪州か、シリアか

 さらに、衛星放送「FOXスポーツ」オーストラリア版は「ペナルティーという巨大なドラマが無駄にサッカルーズを罰する」と伝え、オーストラリアのスポーツテレビ番組「ワイドワールド・オブ・スポーツ」も公式ツイッターに当該シーンの動画を投稿して、「それはペナルティーか?」と問いかけている。

 勝利目前だったオーストラリアにとっては、PKは悪夢以外の何物でもなく、おそらく“白星を奪われた”感覚だろう。

 運命の第2戦は10日にオーストラリアで開催。2戦合計の勝者が北中米カリブ海予選4位チームとの大陸間プレーオフに駒を進めるが、オーストラリアは4大会連続5回目の本大会出場に望みをつなげるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】AFC公式YouTubeチャンネルで公開された、豪州の“悪夢のPK”の瞬間

https://www.youtube.com/watch?v=jNpCaWRztss

AFC公式YouTubeチャンネルで公開された、豪州の“悪夢のPK”の瞬間