鬼だ…!“予選番長”レヴァンドフスキ、「得点記録」をダブル樹立

写真拡大


欧州各地で行われたワールドカップ予選。ポーランドは敵地でのアルメニア戦に1-6で大勝した。

そのなかで、ロベルト・レヴァンドフスキはハットトリックの大活躍!

これでポーランド代表での通算得点数を50としたレヴァンドフスキ。ヴォジミエシュ・ルバンスキを抜いて、同国史上歴代1位に躍り出た。

アダム・ナヴァウカ監督も「ロベルトはいつだって素晴らしい。チーム全体にとっても優れているからね。彼は歴史になった」と讃えていた。代表キャップ数は90試合で、2試合に1点以上は決めてきたことになる。

また、レヴァンドフスキは今ワールドカップ予選での得点数も15となり、UEFAの予選(1大会)での得点数でも歴代トップとなった。さすがは予選番長!

ただし、今予選のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドも14得点を叩き出している(残り2試合)。

ちなみに、1大会のワールドカップ予選での最多得点記録は、元イラン代表MFカリム・バゲリの19得点(1998年大会予選)。