【旅行】乳幼児連れでも楽しめる!親子でリフレッシュするための「旅の心得」&注意点

写真拡大

秋は行楽シーズン。子どもを連れて泊まりがけで旅行するファミリーも多いですよね。

1歳未満で旅行は可能? 先輩ママに学ぶ「失敗しないための事前準備」

ですが、乳幼児を連れての旅行となると、大人だけのときよりもいろいろな気を遣ってしまうもの。あれやこれや準備したり、移動手段や宿泊先も入念にチェックしたりと、事前準備も大変ですよね。

そこで今回は、旅行好きママたちの体験談をもとに、乳幼児連れの旅行を楽しむコツを紹介します。

泊まりがけの旅行を楽しむための年齢別ポイント

産後、赤ちゃんを連れての泊まりがけの旅行って何ヶ月くらいから大丈夫なのかな?と思いますよね。

明確な決まりはなく、それぞれの家庭で良いと思うタイミングで出かけるものだと思いますが、周囲のママに聞いてみても初の泊まりがけ旅行の時期は本当にさまざまです。

時期別に、旅行の目的や準備すべきことも変わってくると思います。その時期に旅行する上でのメリットや注意点をまとめてみました。

1.首がすわる前後〜離乳食前

子どもが2ヶ月のときに泊まりがけの初旅行に行ったというママは、「寝てばかりなので逆にラク。まだ赤ちゃんでよくわかってないので、ほぼ親のリフレッシュ目的(笑)」と話していました。

生後半年くらいまでは、まだ寝ていることも多い時期。移動も抱っこひもで済みますし、離乳食が始まる前であればおっぱい(もしくはミルク)だけ気にしていればいいので意外に旅行するのに気軽な一面も。

自然豊かな環境などに行けば親もリフレッシュできると同時に、赤ちゃんも外気浴を兼ねた気持ちのいい体験ができて、いつも泣いてばかりの子もご機嫌に過ごせたりすることも。

また、美術館やお寺など見たいものがある場合、子どもが歩き始めたらまずゆっくり回ることはできないため、抱っこでおとなしくしてくれるこの時期のほうがいいかもしれません。

■注意点

・まだ夜泣きもあり、産後の母体が回復しきっていない時期なので、余裕のあるスケジューリングを。

・寝かせておきやすい和室、もしくはベッドならベビーベッドの用意があるか、なければベッドガードを事前につけてもらう配慮を。ミキハウス子育て総研のウェルカムベビーの宿など、元々「赤ちゃんに優しい」とうたっている宿だと安心です。オムツをもらえるホテルもあるので、そういう宿を選べばオムツを持っていく手間も省けますね。

・子どもが寝てしまったときすぐ寝かせられる、部屋食がオススメ。

・温泉に入りたい場合、オムツがはずれる前だと家族で貸し切り風呂か、部屋付きの露天か、温泉内にベビーバスが置いてあればそれを使用。事前に確認を。

2.離乳食スタート〜歩きだす前(1歳前後)

歩きだす前であれば、まだ抱っこで乗り切れることも多いので基本的には1のときと同じですが、だんだんと動きが増えてきておとなしくしてくれなくなってきます。

旅先のカフェで休憩してちょっとのんびりしたり、というのが難しくなってくるかも。

筆者は子どもが10ヶ月のときに「軽井沢おもちゃ王国」の併設ホテルに1泊2日で旅行しましたが、おもちゃ王国自体も自然豊かな部分(枯れ葉がたくさん落ちているふかふかの地面に裸足で放ってみたりしました)や小さい子にも安心の木のおもちゃのスペースなど多様に遊べる場所がある上に、併設ホテルはファミリー向けでキッズスペースも充実しており、かなりストレスなく遊べました(アスレチックや、他のおもちゃは、もう少し大きくなってからのほうが楽しめるものが多かったですが)。

動きが増えて観光地でおちおちゆっくりできない…と不安になるようなら、館内にプールやキッズスペースなど子どもが遊べる場所があったり、ホテル内のイベントも多数用意されているような、ファミリー向けホテルに宿泊するホテル滞在型旅行もオススメです。

■注意点

・離乳食に関しては、ホテルであればバイキングに離乳食の用意があるところもありますし、宿によっては用意してくれるところもあるので、事前の確認を。旅先でパッと入ったお店などにはあるかわかりませんので、レトルトの離乳食に抵抗がなければ、いくつか持っていくのが安心です。

・目の前のものを落としたり投げたりする時期なので、バイキングで気疲れしそうなら引き続き部屋食が安心です。

・お気に入りの毛布やぬいぐるみなど、ものに愛着が出てくる時期なので、寝かしつけるときや落ち着かせるために持ち歩くのも安心できていいかも。

3.歩きだしてから

いよいよ歩きだすと、一緒に歩けるという利点もありますが、まだまだ好きなようにしか歩かない=こちらの思うようには歩かないので、注意が必要です。

「歩けるようになってからディズニーランドに行ったけど、アトラクションは行列におとなしく並べないので、待ち時間の少ないものを抱っこでごまかしつつならんで乗り、ショーもおとなしく座ってはいられないので途中退散…『トムソーヤ島いかだ』で探検したり、あとは園内の雰囲気を楽しむお散歩がメイン(笑)。キャラクターにはけっこう反応してたかな」というママも。

危なくないけど歩き回れる自然豊かな場所や、水族館や動物園、子供向けの施設などを選ぶといいかもしれません。

水族館や動物園などは、赤ちゃんのころは見てるんだか見てないんだか…という感じで反応がなかったものが、1歳前後にもなってくると魚や動物に興味を示し始めます。親もいろいろ見せてあげたくなる時期なのでオススメです。

男の子なら車や電車に興味を持ち始める時期でもあるのでそういった施設や、好きなキャラクターができてくるとそのキャラクター関連のスポットというのも旅行先に良いですね。

歩きだして2歳、3歳と大きくなってくると、好きなものもはっきりしてきて、子どものタイプもわかってくるので、子どもに合わせた旅行先、アクティビティを用意するのがベストになってきます。

■注意点

・飛行機や新幹線での移動にちょっと大変さが出てくる時期。音がうるさくない遊び道具(シール貼りやお気に入りの絵本など)を持っていったり、気をそらす道具が必要です。一時間以上かかる移動なら、トイレ近くに席を取ると便利。

・車でも、チャイルドシートにおとなしく座っているのが難しくなってくるので、おもちゃを渡したり、お気に入りの歌をBGMにかけて一緒に歌ったりして気を紛らわしたり、途中に休憩をはさみながら移動を。

・飛行機は、3歳未満児は膝の上なら無料ですが、1時間以上おとなしくしているのは難しいので、お金がかかっても一席分とっておいたほうが安心ということも。うまく昼寝のタイミングに合わせてフライトの予約がとれたらいいですが、必ずするとも限らないので…。

番外編:海外旅行

海外旅行も、何ヶ月から、何歳からという決まりはありません。

0~1歳だと親のリフレッシュ目的ですが、3~4歳くらいになれば、「言語の違う国がある」ということや、日本とは違う空気感、文化なども感じとることができると思います(思い出として覚えていられるようになる年齢は、もう少し上かもしれませんが)。

フライト時間が長いヨーロッパなどはまだ幼児には厳しいかもしれませんが、アジア圏ならさほどかかりませんし、フライトは7時間くらいかかるもののファミリー向けなハワイ、時差の少ないオーストラリアなども人気のようです。

■注意点

・飛行機は歩く前の子どもならバシネット(乳児用ベッド)席を予約しても。赤ちゃんによって合う合わないはあると思いますが、寝かせられるのでずっと抱っこよりは親の負担が減ります。

・フライト時間が長いようなら、夜の便にして寝る時間に当てるのが良いかも。

・離乳食中なら日本のレトルト製品を持ち込むのが安心。そうでなくても食事には気をつけたいので、衛生面で安心な国を選ぶのがベスト。

・オムツやおしりふきなどのベビーグッズは現地をあまり期待しないで十分な量を持っていったほうが安心です。

・子どもはすぐに熱を出したり、怪我をしやすいので、海外旅行保険には必ず入っておくこと。

悲喜こもごも!ママたちの体験談に学ぶ

最後に、ママたちの体験談をいくつかご紹介します。乳幼児連れの旅の大変さも学びつつ、準備に役立ててくださいね。

「1歳記念にディズニーランドホテルへ。ツインだったけどベッドをくっつけてくれてたり、1歳児のお金はかからないのに幼児用のアメニティも置いていてくれて、さすがのホスピタリティを感じた! 基本的に子どもと遊べる施設の近くの宿はホスピタリティが優れていると思う」(1歳児ママ)

「下の子の出産の産後疲れをとりたくて真冬に強行したら、当日上の娘が風邪をひいて咳と鼻水の嵐! 熱はなかったので行ったけど、咳で娘は夜中何度も起きるし、それに反応して息子も夜泣き…家にいるよりも休まらなかった。子どもとの旅行は体調管理が大変だなと痛感!」(3歳&5歳児ママ)

「10ヶ月で京都&USJに行ったけど時期尚早だった(笑)。『ハリー・ポッター』のアトラクションにつれて行ったら不気味な音に大絶叫して即退散。夜、熱を出して翌朝病院に…USJ近くのクリニックのドクターがおもしろいおっちゃんで腕も良かったらしく、すぐ治ったのは良かった」(2歳児ママ)

「ベビー連れで海外旅行に行くと帰ってからの洗濯物が多くてストレスになるので、我が家は着古した洋服を持っていって現地で着用後捨ててくるスタイルにした(笑)」(1歳&4歳児ママ)

いかがでしたか?

いろいろと予測不能な乳幼児連れでも、ちょっとした準備で旅行を楽しむことはできるはず。

「大変なこともあったけど、いいリフレッシュになったな!」と思える旅になるよう、無理のない楽しい計画を立ててくださいね。