「BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜」は10月6日(金)、13日(金)に2週連続で放送/(C)テレビ朝日

写真拡大

「発現」「救出」「連鎖」「爆破」「追憶」「苦悩」「敗北」「決断」「越境」「衝動」「贖罪」

【写真を見る】波瑠とは朝ドラ以来の共演となる美少女・清原果耶も注目!/(C)テレビ朝日

あ、別にお経を唱えているわけではなく…。勘のいい人ならすぐにピンとくると思うが、これらは「BORDER」の連続ドラマ、スピンオフ、そして続編スペシャルのサブタイトルだ。

後付けになってしまうが、たった二文字でここまでうまく物語を表すことができるなんてすごいな!と、3年前の連ドラ当時にも見終わった後、毎回思っていたが、今回久しぶりに「BORDER」ワールドに触れてみて、再び同じ感情が湧いた。

各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。今回は10月6日(金)、13日(金)に前・後篇で放送の「BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜」(テレビ朝日系)を取り上げる。

本スピンオフの主人公は、波瑠が演じる法医学教室助手・比嘉ミカ。比嘉といえば、連続ドラマ「BORDER」では“男らしい”言動と、クールな佇まい、類まれなる検死能力を持つ警視庁の特別検視官として、人気を博したキャラクターだ。

連続ドラマでは、石川(小栗旬)の単独捜査にも度々協力してきた比嘉だが、スピンオフではその原点となる“特別検視官に就任する半年前の物語”が展開される。

永正大学医学部法医学教室の教授・浅川透(石丸幹二)の下で働く助手・比嘉は、どんなに検案・解剖の経験を積んでも独り立ちさせてもらえない現状に、鬱屈とした感情を抱えていた。

そんなある日、死体の検証だけでなく、現場に出て犯人の声も探りたいと考えた比嘉は、無断で4人家族が犠牲となった強盗殺人事件の現場へ侵入する。そのことを知った浅川は、自分のやり方に従わない比嘉に激怒。冷静さを取り繕いながらも、絶対服従を暗に要求する浅川を目の当たりにし、比嘉は複雑な思いを膨らませていく。

やがて、都内にある西原署の管轄内で恐ろしい事件が起こる。女子中学生・火野歩(中崎花音)が絞殺体となって見つかった。それも、目を覆うほど無残な状態の遺体で。

突然、同級生を襲った非業の死に、知らせを受けた小椋明音(清原果耶)ら同級生たちはそれぞれ、悲しみや恐怖の表情をにじませる。

一方、比嘉は浅川に連れられ、遺体発見現場へ。しかし、浅川は通り一遍のプロファイリングを展開するばかり。そんな浅川に対し、西原署の刑事・中澤史明(工藤阿須加)はどうにも拭えない反感を覚える。そんな中、第二の殺人事件が発生してしまう…という物語だ。

■ スピンオフでも「BORDER」ワールドは健在!

まさに「至福」。

今回、3年ぶりに復活した「BORDER」シリーズ。スピンオフとはいえ、連続ドラマの「BORDER」となんら変わらない世界観を作り上げるあたり、さすがは金城一紀だ。それを全国の皆さんに先駆けて一足先に見られるなんて、BORDERファンとしては至福としか言いようがない。

正直ネタバレが怖くて前篇だけ見ようと思っていたが、続きが気になって気になって、知らず知らずのうちにDVDプレーヤーにディスクを入れてしまっていた。それくらい引き付けられる物語がそこにはあった。

いきなり波瑠センセイの冷たい視線&「邪魔しないでよ…」から始まるというのもグッド。あの目で見られたらつい「ひぃ…ごめんなさい!」と言ってしまいそう。だが、それがいい! って何の話だ。

さておき、小栗らいつものメンバーが出ているわけではないのにすぐに「BORDER」の世界観を味わえるのは、“サントラ界の巨匠”としても知られる川井憲次氏の音楽と、実に“生っぽい”映像が一因として考えられるだろう。

これは連続ドラマ当時から思っていたことだが、必要以上に“明るさ”を求めないのが「BORDER」の魅力。天気がいいように見えてどこかモヤがかかっているような、というべきか、石川安吾(小栗)の心の中を表しているかのごとく、晴れているはずなのに、どこか薄気味悪さを漂わせる。

それをさらに助長するのが川井氏の音楽だ。アニメ、ドラマ、映画、ゲームなど幅広い映像作品の音楽を担当してきた彼が作り出す、独特のダークでエモーショナルなメロディー。これをなくして「BORDER」は語れないというほど存在感があり、試しに消音でドラマを見てみたら、全く違う作品に見えたほど。

それはちょっと盛ってしまったかもしれないが、それくらいこの作品を語る上では欠かせないもの。今回のスピンオフでも新曲が使用されていて、「BORDER」サウンドのファンも満足できるはず。

比嘉が昔から優秀なんだろうなというのはすぐに伝わってきたのだが、スピンオフの主要キャラクターとして登場した浅川も実に面白い人物だ。

高圧的な態度は一見して嫌われ者のそれなのだが、男性目線で言えばどこか憎めないところもいい。男なら誰だって自分の脅威となるべき後輩女子が出てきたら、虚勢を張ってしまうだろうし、少し大きく見せたくもなる。

個人的には工藤演じる中澤から捜査資料を渡してもらうとき、手をピッと出すしぐさが、ミュージカルのような感じでこれぞ石丸!という動きで、思わず笑ってしまった。割と緊迫する感じのシーンなのだが。

それに工藤のビシッとした感じの演技も久々に見た気がする。最近はちょっと三枚目というか、ちょっと“残念イケメン”キャラの印象も強かったが、今回は全編通して硬派な刑事。もともと目力の強いタイプということもあるが、こっちの世界でもまた見てみたい。

そして、被害者と同じ学校に通う女子中学生役の清原。前篇では少しのシーンでも凛とした佇まいが印象的で、妙に存在感のある役どころ。時折何とも言えない絶妙な表情を見せる彼女の演技は、まさにびっくりぽんや!

それに「あさが来た」(2015-2016年、NHK総合ほか)では、波瑠が演じるヒロインの家で女中として働いていたこともあり、2人の姿を見ると懐かしい感情を抱く人も多そうだ。

そしていかにもなテレビクルーに、被害者の最後の笑顔、比嘉の強気な姿勢に連ドラとは違う手術着姿、他にも印象的な場面はたくさんあるのだが、細部にわたってこだわり抜かれたその物語のすべては、自分の目で見て確かめてほしい。

これから見る人には作品に敬意を込めてこの言葉を贈りたい。

「こちらの世界へ、ようこそ」