むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。

ドイツのガラス工芸家Heike Brachlowは、光学や化学の見地から幾何学的なガラスアートを作り出す人物。化学とアート、一見相反するように思うもの同士を作品に落とし込むことで、彼女はその融合がいかに美しいものであるかを気づかせてくれました。

幾何学的造形の中にある
ロジカルな美しさ

数学のグラフや分子構造、鉱物の結晶、または自然界に存在する植物の規則的な形を見て美しいと感じたり、神秘的に思うことがありますよね。

幾何学模様は人工的に作られたものと思われがちですが、数学が世界を説明する方法として機能しているように、自然界のあり方がそのまま形になったものと捉えることもできます。

人の手でつくられる美しさに加え、自然界にあふれるカタチに目を向けることができる、それがHeikeの作品。

酸化物が生む
絶妙なグラデーション

Heikeの作品で特徴的なのは、形はもちろんのことその色合い。この色彩は酸化物とガラスの複合によって生成されたものだそう。

例えばこの作品に使われているのは、酸化ネオジムという金属。ガラスに加えられた酸化ネオジムは、黄色系の光のみを吸収して他の色を透過させる性質を持ち、このような不思議な色彩になるんだとか。

光と色がどのように生まれ、私たちの目に届くのかさえ計算されて作られているのかもしれませんね。

Photo by Ester Segarra
Licensed material used with permission by Heike Brachlow