ハットトリックを達成したレバンドフスキ【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間5日にロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループEの第9節の3試合が行われた。ポーランドが首位を維持し、本大会出場におおきく近づいている。

 グループE首位のポーランドは、アウェイでアルメニアと対戦。すでに消化試合となっている5位を相手にFWロベルト・レバンドフスキがハットトリックを達成するなどして6-1と大勝した。

 勝ち点3差で首位を追うモンテネグロ対デンマークの一戦は、アウェイのデンマークが1-0で勝利を収めて2位争いでリードしている。

 この結果、勝ち点22のポーランドは、まだ本大会出場が決まっていないが、最低でもプレーオフ進出となることが確定。勝ち点19で2位のデンマークは、突破も敗退もある状況。勝ち点16で3位のモンテネグロは、2位に入る可能性を残している。

 グループE最終節の対戦カードは以下のとおり。

デンマークvsルーマニア
ポーランドvsモンテネグロ
カザフスタンvsアルメニア

text by 編集部