ニュージーランド戦の予想スタメン。トップ下は香川、左ウイングは武藤と予想した。

写真拡大 (全3枚)

 10月6日、日本代表はキリンチャレンジカップ2017の第1戦としてニュージーランド代表と豊田スタジアムで対戦する。
 
 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は前日会見で「それぞれの選手が90分をプレーするかは分かりませんが、機会を与えたいです。2試合とも、6人の交代枠を使いたいです」と語り、10日のハイチ戦を含めてテスト色の濃いゲームとなりそうだ。
 
 さらに指揮官は「私の頭のなかには3つほどチームの形がありますが、もしかしたらこの試合で試すかもしれません」と話し、システムも試合状況によって変わるかもしれない。
 
 もっとも「選手たちの疲労も考えなくてはいけません。例えば、来週の金曜に試合がある選手もいます。そうした要素を考えながら戦います」と説明するように、選手たちのクラブに戻った際のコンディションも考慮する。となると、来週の金曜日にリーグ戦を控える大迫勇也、浅野拓磨はニュージーランド戦で起用される可能性が高いだろう。
 
 一方で原口元気は左太ももを痛めており、「とりあえず明日(ニュージーランド戦)は観ることになります」と本人が明言。そのため、左ウイングでは乾貴士というチョイスがあるが、紅白戦では武藤嘉紀がテストされたという情報もあり、マインツで好調を維持するこのアタッカーをスタメンと予想した。
 
 さらに守備陣に目を移すと、GKでは9月28日のメンバー発表会見で「内転筋に問題があった」(ハリルホジッチ監督)という川島が元気な姿を見せており、プレーに支障はなさそうだ。ただ、指揮官は同会見で「東口(順昭)をゴールマウスに立たせることがあるかもしれません」とも言及しており、彼が昨年3月のアフガニスタン戦(ワールドカップ2次予選)以来のピッチに立つ線も捨て切れない。
 
 またCBでは、ニュージーランド戦を翌日に控え、相手の大型FWたちとの対戦に「僕自身は慣れているので問題ない」と意気込む吉田麻也が濃厚。その相棒には、槙野智章の先発が考えられる。左SBは代表初選出の車屋紳太郎を見てみたいが、槙野をCBで使うとすれば経験のある長友佑都の方がベターだろう。右SBは酒井宏樹とした。
 最も予想を立てにくいのは中盤の構成だ。最近は「アンカー+インサイドハーフ」の形が増えているが、アンカーを務める長谷部誠が今回の2連戦では不在だ。そのため「ダブルボランチ+トップ下」の形でスタメンを考えてみた。
 
 さらに10月4日の非公開で行なわれたゲーム形式のトレーニングでは、途中から小林祐希を主力組のトップ下で試したともされており、香川真司から小林へのバトンリレーがあるのかもしれない。
 
 ボランチはロシア・ワールドカップ出場を決めたオーストラリア戦で劇的なゴールを奪った井手口陽介を軸に遠藤航と山口蛍がもうひとつの椅子を争う構図か。ただ、6月13日のワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦では井手口、遠藤の“リオ五輪コンビ”が先発し、まずまずのコンビネーションを見せていただけに、その時の再現になるのかもしれない。
 
 ニュージーランド戦ではボールを保持する時間が長くなるかもしれないが、ハリルホジッチ監督は「ポゼッションは勝利を約束してくれません。相手より多くの得点を取らなくてはいけません」と、安易なパス回しには警鐘を鳴らす。果たして目に見える結果を残して指揮官にアピールするのは――。ワールドカップメンバーを懸けた過酷なサバイバルがいよいよ始まる。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)