(写真=Insight)唐田えりかについて報じる韓国メディア

写真拡大

韓国で、一人の日本人女優が話題を集めている。

『ソニー損保』のCMでおなじみの唐田えりかがその人で、9月20日から放送されているLG電子のスマートフォンのCMに出演したことで人気が急上昇中だ。

CMで爽やかな笑顔を披露した彼女については、複数の韓国メディアが取り上げている。

韓国メディアの偏った報道

ただ、その報道は、かなり偏っているように見える。

日本では彼女の清純さや透明感にスポットライトが当たることが多いが、韓国ではなぜか彼女の前職に焦点が当てられているのだ。

報道を見ると、「牧場アルバイト出身の日本女優に列島が“揺れた”」(『スポーツソウル』)、「牧場でアルバイトをしていてスカウトされた日本の女優の美貌」(『中央日報』)、「牧場で働いてからデビューした女優」(『The Korea Herald』)といった見出しが並んでいる。

彼女がマザー牧場でアルバイトをしていてスカウトを受けたことは本人も明かしているが、韓国ではよっぽど珍しいことなのだろうか。

とはいえ、彼女に対する評価は上々だ。

例えば韓国メディア『Insirht』は、「牧場でアルバイトをしていたらLGスマートフォンCMモデルにキャスティングされた」と題した記事で、「(LG電子の)CMで視聴者の視線を奪ったのは、出演している女性の美貌だ」と評価。

「女優としての経験値を一つひとつ積み重ねていっている唐田えりかは、現在日本を盛り上げる次世代女優として評価されており、韓国国内でも今回のCMを通じて認知度を高めている」と綴っている。

広末涼子に続く清純派女優」

韓国ネット民の間でも評判はいい。

ネット上には、「本当に清純だなあ」「きれいだ…整形もしていないようだし」「日本にはブスが多いけど、この子は韓国人みたいでかわいい」「広末涼子に続く清純派女優になってくれると期待したい」といったコメントが並んでいる。

唐田えりかは以前、少女時代の『DIVINE』のMVにも出演したことがあるが、今後は韓国での活動に力を入れていくのだろうか。
(参考記事:【画像&動画】男性誌『MAXIM KOREA』9月の表紙を飾った日本人K-POPアイドル、RUIとは?

現在の反響を見る限り、韓国芸能界に本格進出すれば人気を集めることだろう。

韓国ではイ・ビョンホンやハン・ヒョジュといった韓流スターが所属するBHエンタテインメントに所属しているだけに、なおさら活躍に期待が持てる。

これからも彼女の動向に注目していきたい。

(文=S-KOREA編集部)