「大企業に入れば、一生安泰」

昔からそう教えられて育ってきた。

有名大学を卒業し、誰もが知っている大企業に入社。

安定した生活を送り、結婚し子供を育て、定年後は年金と退職金で優雅に暮らす。それが一番の幸せだ、と。

財閥系の総合商社に勤める美貴(26)も、そう信じてきたうちの一人。

久しぶりに再会した友人のエミリに、「将来、会社が存在する保証はない」と言われ、動揺を隠せない美貴。

崩壊する”大企業”神話に対し、美貴は何を思う…?




―20年後に給料が上がる保証なんてない、か…

先週エミリに言われた言葉が耳から離れず、どうも仕事に身が入らない。

気持ちを切り替えようとコーヒーを飲みながら、40代の“お姉さま”達が楽しそうに談笑している様子を眺める。

―あ、由美子さん、またネイル変えてる…

“お姉さま”達の美意識は、どこからそのモチベーションが湧いてくるのかと思うほど高い。

爪は綺麗に手入れされ、髪のメンテナンスも怠らない。メイク直しにも抜かりがなく、常に(ややバブルの香りが残る)ばっちりメイクを保っている。

“2倍になった給料”で買ったであろう上質な洋服やバッグで身を固め、自分にかけるお金は惜しまないのが彼女達のスタイルだ。

彼女達の関心事はあくまで“外見磨き”であり、キャリアアップやスキルアップではない。

定年までの残り十数年間を、手慣れたルーティーンワークで凌ぎ、若さと華やかさを保てるように、高いお給料で着飾るのだ。

エミリの言うとおり、美貴と40代の”お姉さま”達とでは生きる時代が違う。バブルの残り香が漂う彼女達が言うことを信じてきた自分が恥ずかしくなった。

「美貴ちゃん、この書類のコピーとってもらえる?」
「はい…」

コピー取りや郵便物整理などの雑務は、まだまだ部内では下っ端の美貴の仕事だ。

―優秀だった美貴が、もったいない気もするけど。

エミリに言われた「もったいない」という言葉が美貴の中で引っかかっていた。これまで自分の生活には満足していたし、到底そんな発想はなかった。

だが自分も、いつかコピーさえ若手に押しつけるような“お姉さま”の一人になるのかと思うと、エミリの言うこともわからなくもないような気がした。


美貴が昔憧れた“お姉さま”である、由美子との出会いとは?


“上品な商社OL”になれると信じ切った説明会


美貴が初めて由美子さんに会ったのは、就職活動中に参加した説明会だ。

楚々とした美人の代表格で「上品な商社OL」を体現していた由美子さん。シンプルだが上質さを感じられる装いで、学生の憧れの眼差しを集めていた。

美貴は、彼女のような女性になりたくて商社に入ったと言っても過言ではない。

しかし、現実はそんなに甘くない。

あれから5年経った今、30代後半に差しかかった由美子さんは、すっかり“お姉さま”仲間に足を踏み入れている。

由美子さんと出会った説明会のことを、美貴は鮮明に覚えている。会社で一番大きいホールで開催され、1度に200人ほどの学生が参加していた。

説明会の予約は抽選と言われていたが、実は慶應の学生は優遇されるとかで、美貴はすんなりと参加できた。

皆黒のリクルートスーツに身を包み、代わる代わる登場する社員の話を熱心に聞き、内容を理解した気になりながら一心不乱にメモを取っていた。

正直、内容はよく分からなかった。

だが、海外向けビジネスのダイナミックさや、女性社員の話す仕事内容の充実度を感じ、「私の進む道はこれだ」と確信した。

説明会の帰りには大学の友人達と合流し、自分たちが感じた商社の魅力や将来のイメージ像について語り合ったものだ。

―自分たちの選択は間違っていない。

あの会場の熱気の中、美貴たちは自分の進もうとしている道が間違っていないことを確信したのだ。



就職活動中、美貴には自分とは正反対のタイプの彼氏・タクヤがいた。

タクヤは大学のテニスサークルの同期で、周りを笑わせるようなお調子者なところや積極的なアプローチに心惹かれ、交際が始まった。




そんなタクヤとは、社会人になる直前、大学4年生の終わりに美貴から別れを切り出した。

タクヤは名古屋の進学校出身だが、努力家というよりは天才肌タイプだった。就職先にもあまりこだわりがなく、インターンをしていた渋谷のベンチャー企業への入社をすんなりと決めた。

当時、サークル同期の多くが大企業への入社を決める中、将来どうなるかもわからないベンチャーに入社するというお気楽な彼との溝が徐々に深まり、破局に至った。

―ベンチャー企業で働く彼との将来が考えられない。

できれば彼氏にも、安定した会社に就職して欲しいというのが、美貴の本音だった。その後考え方の違いからタクヤと別れ、社会人になってから食事会で出会った優太と付き合っている。


優太が口にした思いがけない一言に、焦る美貴。


今夜は、彼氏の優太と食事の約束をしていた。

赤坂にある『ラ・スコリエーラ』は、二人が付き合う前から通うお気に入りのお店だ。

以前は毎回素敵なお店を調べて予約をしてくれていた優太だが、付き合って1年が経った今では、美貴がすっかりお店の決定権を握っている。

乾杯を終えると、優太がワイングラスを置きながら、話を始めた。

「今月、同期2人が本部に異動になったんだけどさ。話を聞くとそんなに営業成績も良くないのに上司に取り入ったって噂で。美貴、そういうのどう思う?」

「どう思うって言われても…」

優太の後ろ向きな考え方に、少し違和感を覚える。

こういう場合、彼女として何と返すのが正解なのだろうか。




上司に取り入っただけで、全く見込みのない社員が出世コースである本部に行けるなんてことはないはずだ。上司から好かれることも実力の内と言う。

優太に返す言葉選びに迷っていると、優太がおもむろに切り出した。

「俺、転職しようかな…?最近、目黒にあるIT企業に転職した友達も世界が変わったって言ってるし…」

「え、今の会社辞めるの?もったいなくない?」

咄嗟に出た言葉で、改めて思う。大企業ブランドを捨てるのは「もったいない」ということに。

どうやって優太の転職を止めるか考えていると、エミリからのLINEが目に飛び込んできた。

「さっき偶然タクヤに会ったんだけど、めちゃくちゃかっこよくなってたよー!先月外資系IT企業に転職して、六本木勤務なんだって」

―え、タクヤが…!?

将来のことを何も考えていなかったように見えたタクヤが、まさかそんなキャリアアップを遂げていたなんて、想定外だった。転職先は日系大企業を上回る、グローバルで革新的な会社だ。

優太を横目に、美貴は気がつけばカバンから携帯を取り出し、タクヤの連絡先を探していた。

▶NEXT:10月13日 金曜更新予定
逃した魚は大きかった?元彼タクヤのエリート商社マンを上回る魅力に、混乱する美貴。