アップルのスマートフォンには多くの日本企業の部品が使用されているというが、日本の優秀な製造業が作る部品は様々なところで使用されており、日本製の部品がなければ成り立たないものも多いとも言われる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 アップルのスマートフォンには多くの日本企業の部品が使用されているというが、日本の優秀な製造業が作る部品は様々なところで使用されており、日本製の部品がなければ成り立たないものも多いとも言われる。

では、銃などの武器の分野ではどうなのだろうか。中国メディアの今日頭条は1日、「日本の工作機械がなければ中国では銃も製造できない」のか、分析する記事を掲載した。

 中国の製造業の発展は目覚ましく、少し前までは「安かろう悪かろう」と言われていたものが、最近では品質を上げてきている。中国国内では「日本の工作機械がなければ、中国は銃も作れない」という噂があるが、これは果たして真実なのだろうか。

 記事は、銃などの小型武器産業に関して言えば、中国では清の時代から製造されていたという。ソビエト連邦の軍用小銃AKー47のように、今でも使用されている世界の名銃と言われるものの中には、NC工作機械(Numerically Controlled Machine Tools)が普及する前に製造されたものがあるというが、中国ではNC工作機械の導入はとりわけ遅く、今世紀初めになってやっと普及したほどだとした。

 では中国は、日本のNC工作機械がなければ銃を製造できないのだろうか。記事によれば、そうではないそうで、その理由として記事は1つの逸話を紹介している。

1970年代、旧ソ連の電子力潜水艦はうるさくてアメリカ人の笑いものになっていたのだが、ある時急に静かになったため、驚いて調べたところ、日本から工作機械を輸入していたことが分かったそうだ。旧ソ連に工作機械を輸出した日本企業は行政処分を受け、日本はアメリカから処罰を受けたという。

 そういったいきさつがあり、今でも日本は軍事に応用できる機械を中国などに売ろうとしないと記事は推測している。日本が輸出するのは一般的な工作機械のみであるため、精度の高い多軸NC工作機械などは国内で生産するしかなく、したがって、中国は日本の工作機械に頼らずとも武器を製造できていると主張した。

どうやら、日本が売ってくれるわけがないので、工作機械を自国で製造して、銃をはじめとする武器を製造しているはずだという論理のようだが、なんだか説得力に欠けるように思えるのは気のせいだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)