NGT48・中井りかといとうせいこうの番組「白昼夢」がスタート!/(C)フジテレビ

写真拡大

10月15日(日)より、NGT48・中井りかといとうせいこうがMCを務める「白昼夢」(毎週日曜夜1:25-1:55、フジ系)がスタートする。

【写真を見る】NGT48・中井りかが巨大壁画「根本敬ゲルニカ計画」をバックにトーク/(C)フジテレビ

政治関係者、学者、研究者、文化人などさまざまなゲストが登場し、“大人の真実”を告白。二十歳になったばかりの中井がそれを目の当たりにしながら「大人修行の旅」をしていくバラエティーだ。

初ロケでは、いとうのことを詳しく知らないという中井のために、いとうの出生地である東京・葛飾区柴又を訪れる。江戸川の土手で「大人の現実と非現実」「大人とは何か」など、いとうによる大人論のレクチャーから番組がスタート。

その後、いとうが幼い頃から通っていたという柴又帝釈天や東京の下町を散策。初めて訪れるという中井にとって、全てが初体験だらけ。最後は地元のカフェで、いとうのその数奇な人生や二十歳の頃のエピソード、いとうがマルチタレントになった経緯を自ら語っていく。

第2回の放送ではゲストに蛭子能収と特殊漫画家・根本敬が登場。蛭子と根本の半生や、作品を通して表現したいことなどについて迫っていく。

中井は番組の見どころについて「初めてロケ番組で、レギュラー番組でメインを務めること自体も初めてです。(番組内で)いろいろな体験をしていくと思いますが、初めてのことばかりなので、その素のリアクションに注目してほしいです! いとうさんが上手にいじってくださるので、息の合った名コンビになりたいです」とコメント。

番組への出演に「東京のことも何も知らないし、知らない世界がたくさんあるので、サブカルチャーやアートにも興味があります。自然と触れ合うのも良いですね!」と意欲を見せた。

また、「東京のことや大人なことをもっと知りたいと思いますし、多少は成長していくと思うので、そんな自分を温かく見守ってくださればうれしいです」とファンに向けてメッセージを送った。

一方、いとうは「中井りかという無色透明な若い女の子に、いろいろな光が差すと思います。どういうプリズムで最終的な色になるのか見てほしいですね。さまざまな場所に行ったり、人に会ったりしますが、彼女がどういうふうにそれを受け止めていくが一番の見どころだと思います」と中井の今後の活躍に期待を寄せた。