Microsoftは現地時間10月5日、同社が提供するWebブラウザMicrosoft Edgeの、iOS版およびAndroid版を発表しました。同日よりプレビュー版が公開されています。

現在はプレビュー版が公開

愛用するスマートフォンはiPhoneでも、コンピューターはMacでなくWindows PCで、普段からMicrosoft Edgeブラウザを使っている人には朗報です。
 
「Microsoft Edge for iOS」では、お気に入りやリーディングリスト、タブページ、リーディングビューなどの機能がiOSデバイス上でも使えるうえに、PCで見ているWebページをiPhoneやiPadで即座に開いたり、保存しておいてあとで見たりすることができるようになりました。SafariのHandoffと同様の機能です。
 

 
現在公開されているのはプレビュー版で、iOSユーザーはApple TestFlight経由で試すことができます。ただしプレビュー版は英語版しかなく、登録できるのはアメリカ在住のユーザーのみとなっています。Microsoftは今後プレビュー版の機能を拡張してほかの言語にも対応するとともに、利用可能な国と地域も増やすとしています。
 
 
Source:Windows Blogs
(lunatic)