左足違和感の原口、NZ戦は「見ることになる」と欠場明言 「良い表現もしたかったので残念」

写真拡大

3日の練習中に張りを訴え別メニュー調整 「まだ違和感や痛みがある」

 日本代表FW原口元気(ヘルタ)は、6日の国際親善試合ニュージーランド戦の欠場を明言し、10日の同ハイチ戦についても「回復次第ですね」と現時点ではプレーできる状態にないと話した。

 原口は3日のトレーニングの冒頭で、左ハムストリングの張りを訴えて離脱。前日練習まで別メニュー調整が続いた。日本サッカー協会の発表と同じく「病院に行って検査をして、出血していなくてということしか分からないです」と、原口は自身の状態について話した。そして「まだ違和感や痛みがあるし、なければプレーしているので。その痛みがどれだけ早く引くかだと思います」と、今後の経過を見守ることになると話した。

 ヘルタではプレシーズンから満足な出場機会が与えられない状態が続いていたが、1日のブンデスリーガ第7節バイエルン・ミュンヘン戦(2-2)で今季初スタメンを勝ち取ると、ドイツ代表センターバックコンビのDFジェローム・ボアテング、DFジュシュア・キミッヒ、DFマッツ・フンメルスを鮮やかなドリブルで抜き去ってアシスト。ブンデスリーガ公式サイトでも、今節のベストアシストに選出されたばかりだった。それだけに、今回の離脱には無念の思いがあると話している。

「サッカーができないのが久しぶりなので、ちょっとつまんないですけど(苦笑)。それに、良い表現もしたかったので残念です。ただ可能性はまだあるので、それに向けてやるだけです。バイエルン戦は久しぶりにサッカーを楽しめたし、ここでもそういうプレーをしたかった。フィジカルもメンタルも良い準備ができていたと、この前の試合で証明できたので、ここでもと。とりあえず明日は見ることになるので、どんなプレーが効果的かとか、僕のポジションの選手がうまくいったプレーとか、いろいろと勉強したいと思います」

乾、武藤らと左ウイングの定位置争う

 原口が定位置を争う左ウイングでは、エイバルのFW乾貴士が選出されている。また、FW武藤嘉紀(マインツ)もプレー可能なポジションだけに、決して競争が緩いポジションではない。それだけに、10日のハイチ戦に出場したい気持ちが強いことが、言葉の端々から滲み出ていた。

 名門バイエルンを切り裂いたドリブルが日本代表戦で見られないのは残念だが、負傷の悪化は今後のシーズンにも影響を与えかねない。バヒド・ハリルホジッチ監督を含めたスタッフ陣とも合わせて、状態を見守っていくことになりそうだ。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images