【詳細】他の写真はこちら

今年、デビュー20周年を迎えたDragon Ashが、10月3日に東京・Zepp Tokyoにて『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』のセミファイナル公演を開催した。

新作『MAJESTIC』を携え、6月8日にスタートした約3年ぶりとなるアルバムツアー『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』は、全国30ヵ所31公演からなるライブハウスでのライブと、ツアーファイナルとなる、2018年1月28日に行われる神奈川・横浜アリーナでのアリーナライブで構成される。

Dragon Ashはスタンディング形式にこだわってライブを行うことを信条としており、ライブハウスでの公演が中心だが、本ツアーでは初の試みとして、ステージの都合で今までワンマンライブを行うことのできなかった地域や、初お目見えとなるライブハウスにも遠征。そして、ライブハウスで行う最終公演が東京・Zepp Tokyoで行われた。

<ライブレポート>

BOTSのスクラッチが鳴り響くと、満杯の場内から怒濤のような歓声が沸き起こる。デビュー20周年を祝うツアーであり、全国30ヵ所、計31公演のライブハウスをめぐる約4ヵ月の旅を締めくくる一夜となったこの日の公演は、完全ソールドアウト。まさに並々ならぬ期待と熱気に包まれた会場に最初に放たれたのは、アルバム『MAJESTIC』の冒頭を飾る「Stardust」だ。HIROKIのギターソロを合図に、場内のテンションが一気に頂点に達する。

テレビ出演の際もライブハウスでの熱気そのままに見せつけた「Mix it Up」が追い討ちをかけると、フロアは一瞬でモッシュとダイブの坩堝に。続く「Pulse」は、敬愛するTHE MAD CAPSULE MARKETSのカバー。ツアー初日から観客が大熱唱する盛り上がりを見せていたが、この日はもはや、ライブが始まってまだ10分足らずという事実が信じられないくらいの盛り上がりぶり。デビュー20周年の節目に挑んだ、怒濤のライブハウスツアーは、数万人規模の大型フェスで引っ張りだこのライブモンスターバンドをまたもや次のレベルへと押し上げたようだ。

その事実を目の当たりにしたのが、Kjも参加する『東北ライブハウス大作戦』のタオルを掲げるオーディエンスの姿も見えた「光りの街」と、「Ode to Joy」だった。被災地の子供たちとの出会いから生まれた「光りの街」は、ツアーの日々を経てよりいっそうの優しさと希望に満ち溢れたライブチューンへと進化。「Ode to Joy」では、ダンサーのDRI-Vがグラフィックポイで光のジャグリングを披露するなど、ダンサー陣のいるバンドだからこその表現で観客を楽しませる。

ステージに光の柱が現れた「Circle」、「Headbang」とアグレッシブなライブ賛歌が続くゾーンでは、フロアに大きなモッシュピットが出現。BOTSが「最後だぞー!」と叫びスクラッチで場内を煽ると、クラウドサーファーが大量発生。「かかってこいやー!」というドラムの桜井の声も加わり、もはやカオス状態のフロアに畳み掛けるように「Faceless」「The Live」とアッパーチューンが続く。

場内の至るところでヘドバンも繰り広げられた「The Live」では、オーディエンスの力強いシンガロングが響きわたる。音楽に込められた熱と思い。それがしっかりと伝わっていることを実感するこの幸せな場面こそ、ほとんど観客のいないステージに立っていた20年前のDragon Ashが夢見ていた光景そのものだ。

20年を共に歩んできたファンへの感謝が込められた「Beside You」の後に披露された「静かな日々の階段を」では、ハンドマイクで歌うKjが、言葉の一つひとつを観客に語りかけるように歌う。そして、フリースタイルの英語ラップに続けて、盟友・RIP SLYMEの「ONE」のバースを披露。『TMC』や『DSM』といったイベントを開催し、フィーチャリングやコラボを通して様々なメンツと競演してきたDragon Ashの軌跡を垣間見たその瞬間、フロアから大歓声があがる。

「ライブハウスは自由な場所だ。全部解き放ってくれ!」

本編のラスト曲「A Hundred Emotions」が始まる直前、Kjが言う。ジャンルや常識の壁を超え続けた革命精神と、どんなときも前を向く力をくれた音楽と歌。20年間、オーディエンスにとってDragon Ashはずっと人生の糧となる存在であり、ヒーローであり続けてきた。

その事実は、Dragon Ash自身にとっても大きな支えであり、誇りだ。だからこそ彼らは、それぞれの悩みや事情をほんのひとき時忘れ、ともに喜びと自由を分かち合えるライブという場所を何よりも大切にしてきた。ファンもそれをよく知っている。だからこそ、Dragon Ashのオーディエンスにはモッシュやダイブに対するマナーと思いやりを心得た人が多い。巻き込まれたくないなら、後方でじっくり楽しむのもありだ。とかく禁止されがちなダイブやモッシュだが、すべては明日を生きるためのつかの間の自由であり、大切な糧なのだ。

「20年はあっという間。30年、40年後はHIROKIさんが杖ついてるかもしれないけど(笑)、JESSEのお父さんは今もかっこいいし、俺らも今日みたいなライブをずっと長く続けていけたらと思います」

アンコールで登場したドラムの桜井が客席に向かって言う。「ファイナルの横浜アリーナでは今着てる服(今回のツアーのユニフォーム)を客席に投げる」と滅多にMCをしないBOTSが言うと、「いろんな人に支えられた、修行のようなツアーでした」とダンサーのATSUSHI、「改めてみんなに支えられてるなと思いました」とDRI-Vも続ける。

「暗い話をするつもりじゃないけど……20周年は馬場育三と迎えるべきだと思ってるけど、バンドが続くことがいちばん大事!」

今回のツアー中も赤青のIKUZONEシャツをずっと傍らに飾って演奏していたKenKenが言う。彼の言葉に応えるように、「最年長の俺がぶっ倒れるまでやれると思う。みんなの10年後が今の俺だから、まだまだやれる」とHIROKI。そしてKjのMC代わりに「HOT CAKE」、観客のシンガロングに心震えた「Iceman」と「Lily」が続けて披露された後、桜井の力強いドラムで始まる「Curtain Call」が最後に披露される。悲しみに別れを告げ、前に進む決意を歌い奏でるエモーショナルで美しい一曲だ。

※「IKUZONE」の「U」と「O」はウムラウト付が正式表記

「ありがとうございました!」

Kjがマイクを通さない肉声でそう告げた後、BOTSがスリップマットを客席に投げ入れたり、桜井がじゃんけんに勝った観客にサイン入りのドラムヘッドをプレゼントしたり、KenKenがIKUZONEシャツを高々と掲げたり、各々が観客と名残りを惜しむ。

「横浜アリーナで待ってますから!」

最後にドラムの桜井がそう叫ぶ。今回のツアー『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』のファイナル公演は、来年1月28日に横浜アリーナで開催される。Dragon Ashが横浜アリーナのステージに立つのは、1999年に行われた『Dragon Ash Tour Freedom of Expression』のファイナル以来、約18年ぶりのこと。

今、Dragon Ashは、あのときよりもはるかに研ぎ澄まされた言葉と音を歌い奏で、比較にならないほど激しくエモーショナルなライブを繰り広げている。様々な出来事を乗り越え、今回のライブハウスツアー31公演を経て、音も魂もいっそう強靭になった男たちがあらたに挑む “DA Show” は、もはや18年前とは異次元のものとなるだろう。

「楽しかった〜!」

終演後、観客たちが笑顔でそう話しているのが聞こえる。大人になっても、そんなふうに無心に楽しめる音を奏で続けるライブモンスター、Dragon Ash。その20周年を締めくくる横浜アリーナでの巨大なロックショーを、ぜひ見逃さないでほしい。

TEXT BY 早川加奈子

PHOTO BY 後藤倫人

『Dragonash Live Tour 2017 MAJESTIC』

2017年10月3日(火)東京・Zepp Tokyo

<セットリスト>

01. Stardust

02. Mix It Up

03. Pulse

04. 光りの街

05. Ode to Joy

06. Singin’ in the Rain

07. Walk with Dreams

08. Circle

09. Headbang

10. Faceless

11. The Live

12. Beside You

13. 静かな日々の階段を

14. Jump

15. 百合の咲く場所で

16. Fantasista

17. A Hundred Emotions

【ENCORE】

18. Hot cake

19. Iceman

20. Lily

ライブ情報



Dragonash Live Tour MAJESTIC Final

2018年

01/28(日)神奈川・横浜アリーナ

Dragon Ash OFFICIAL WEBSITE

http://www.dragonash.co.jp/