ハロウィンは渋谷で暗闇ヨガ。クラブ空間で光りながら心と体をリフレッシュする

写真拡大 (全8枚)

10月になって、街なかはすっかりハロウィン仕様。

なんとなく「ハロウィン = コスプレ」というイメージがありましたが、じつはいま、新しいハロウィンの楽しみかたが広まってきているのです。

ブラックライトに照らされて、パーティ気分でハロウィンヨガ

渋谷にある暗闇ヨガスタジオ「BEING YOGA」では、〜10月31日(火)まで、ハロウィン期間限定でヨガイベント「CLUB YOGA(クラブヨガ)」を開催中。

ルミカや光るボディタトゥーシールにハロウィングッズを思いのまま身にまとい、暗闇のなかでヨガを楽しめるヨガレッスン。自身が光り輝きながらヨガをしていく新感覚は、なんとも言えない高揚感です。

レッスン中に使用する曲も、ハロウィンを意識したアップテンポな洋楽が中心。

ノリノリの雰囲気で楽しく体を動かして、健康的にハロウィンを楽しめるので、コスプレに抵抗がある人はもちろん、普通のヨガには飽きてしまった...という人にももってこいです。

シャイな日本人にこそ暗闇ヨガが最高

暗闇のなか、音楽に合わせてアクティヴにヨガを楽しむ「クラブヨガ」は、ニューヨークではヘルシー志向の高いニューヨーカーに大人気。

BEING YOGA代表の中川さんによると、そもそも暗闇のなかでヨガをすることは、シャイな日本人にとっても最高の環境とのこと。

たとえきれいにポーズがとれなかったり、体型に自信がなくても、他人の目を気にせずにヨガに集中できるので、ヨガのメリットを最大限取り込むことができるのだそう。

実際に体験してみると、たしかにポーズに失敗しても、動きについていけなくても、またお腹が多少出ていようとも、まったく気おくれすることなくヨガに集中できました。

また、終盤はリラックスできるポーズ「シャバアーサナ」で身体をしっかりとクールダウンするので、心もしっかりリセットされて、リフレッシュできます。

「BEING YOGA」では、レッスン参加者には光るルミカブレスレットがプレゼントされるのだそう。

コスプレして街へ繰り出すのも、友だち同士で集まってパーティするのも良いけど、今年は日ごろがんばっている自分の心と体を癒しながらハロウィンを楽しみたくなりました。

BEING YOGA

撮影・取材/藤森桃子