XAI

写真拡大

アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の主題歌が発表された。

【動画と大きな画像を見る(4枚)】

主題歌に起用されたのは、女性シンガー「XAI」による“WHITE OUT”。同曲のプロデュースは中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)が担当し、作詞を蒼山幸子(ねごと)が手掛けている。XAIは昨年行なわれた『第8回東宝シンデレラオーディション』において、同オーディション初の試みとして設けられた「アーティスト賞」を受賞したシンガー。『GODZILLA 怪獣惑星』の公開日となる11月17日は、XAIの20歳の誕生日となる。

XAIは中野雅之ついて、「楽曲制作を通じて肉体的にも精神的にも鍛えていただき、まだデビュー前である私を“アーティスト”にしてくださいました」とコメント。一方の中野は、主題歌“WHITE OUT”について「出来上がった曲は惑星間の距離をも越えようとする力強く美しいラブソングになりました。歌声も素晴らしい。作品に一つ世界観を与える曲が出来上がったと思います」と手応えを語っている。

同曲を収めたCDは11月15日にリリース予定。4曲収録予定のアニメ盤、10曲収録予定のアーティスト盤の2形態が用意される。

11月17日から全国で公開される『GODZILLA 怪獣惑星』は、「怪獣」と呼ばれる巨大生物たちとの戦いに敗れた人類が、他惑星への移民計画に失敗した未来を舞台にした3部作の第1弾。長距離亜空間航法で移民計画から地球に帰還した主人公ハルオ・サカキらが、2万年後の地球に築き上げられていた、ゴジラを頂点とする未知の生態系を目撃するというあらすじだ。

監督を静野孔文、瀬下寛之、ストーリー原案と脚本を虚淵玄(ニトロプラス)、アニメーション制作をポリゴン・ピクチュアズが担当。声の出演には宮野真守、花澤香菜、櫻井孝宏、杉田智和、梶裕貴、諏訪部順一が名を連ねている。

■XAIのコメント
『GODZILLA 怪獣惑星』の主題歌を担当することで、『ゴジラ』という歴史ある作品の一部になれることを心から嬉しく、光栄に感じています。「WHITE OUT」をプロデュースしてくださったBOOM BOOM SATELLITES の中野さんは、音楽のことを一番に考え、オリジナルな価値観を持ち、常に音楽や芸術とともに生きてきた方……という印象でした。楽曲制作を通じて肉体的にも精神的にも鍛えていただき、まだデビュー前である私を“アーティスト”にしてくださいました。
「WHITE OUT」は、極限状態や絶望の淵にいる人々に、さまざまな〈救い〉を与える楽曲だと思っています。私にとってデビュー曲であるこの「WHITE OUT」が、多くの人々の心に救いや癒しを与え、『GODZILLA 怪獣惑星』とともに愛されていくことを願っています。

■中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)のコメント
『GODZILLA 怪獣惑星』に参加できた事に感謝します。ゴジラ史上初のアニメーション映画という事で新しい世界への期待感も大きかったですし、まだ未知数の新人である XAI との楽曲制作も大変興味深い貴重な時間となりました。
出来上がった曲は惑星間の距離をも越えようとする力強く美しいラブソングになりました。歌声も素晴らしい。
作品に一つ世界観を与える曲が出来上がったと思います。