KAMO原宿にadidasフロアがオープン!「クラフトマンセンター」はもちろん健在

写真拡大

JR原宿駅前に位置する有名ショップ「サッカーショップKAMO原宿店」の一部がリニューアルされた。

地下1階にキッズ専用フロアが誕生したことは先日お伝えしたが、本日10月5日からはadidasフットボールだけのブロンドフロアが3階にオープンしている。

フットボールの「STADIUM TO STREET」をテーマに、スタジアムに見立てたフロア作りが特徴。

adidasは2020年までの中期戦略において、ニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、ロンドン、上海、そして東京の6都市をキーシティ(重要都市)として位置付けており、その熱意がここにも反映されている。

adidasのサッカー用フットウェアの取扱商品数が日本一であるほか、国内ではここでしか手に入らない限定モデルも!

KAMO原宿限定となっているのは、黄色を基調とした『ネメシス 17+ 360アジリティ FG/AG』と『エックス タンゴ 17.3 TF』。また、オーランド・パイレーツのTANGO ICON ジャージーも同じく限定のアイテムだ。

日本でもパイレーツ人気は根強い。

バイエルン・ミュンヘンなど有名クラブに関しては、このようにユニフォームとTANGOコレクションにクラブウェアとの組み合わせも提案していた。たしかにアリ!

【次ページ】地下1階のあの施設も健在!

3階にadidasのフロアがオープンしたとなればきっと気になる人もいるに違いない、「adidas Craftsman Center TOKYO HARAJUKU」。

こちらはもちろん地下1階に健在だ。

adidasのフットウェア着用者に対し、トップアスリートと同じように自身の最高のパフォーマンスを発揮してほしいという思いからスタートした同センター。

シューズのリペアや加工・カスタマイズなどを有償で提供しており、KAMOの原宿店と梅田店のみで展開。

adidas社において世界で唯一のカスタマーサービスである。

サービス内容はこんな感じ。リペアやカスタマイズ系はあまり知られていない気がするので、近いうちにクラフトマンセンター単体でのレポートを検討中だ。乞うご期待!