DFリリアン・テュラムの息子・MFケフレン・テュラムをユベントスが狙う

写真拡大

 ユベントスがかつてクラブに所属したDFリリアン・テュラムの息子・MFケフレン・テュラム(16)の獲得を検討していることがわかった。4日に『トゥット・スポルト』が伝えている。

 フランス代表でも歴代出場記録を保持しているセンターバックのテュラムは、最盛期に右サイドバックもこなしてフランスの98年W杯優勝、EURO2000優勝に大きく貢献。2001-02シーズンから05-06シーズンまではユベントスに所属し、GKジャンルイジ・ブッフォン、ファビオ・カンナバーロ氏(天津権健監督)らとともに世界最強の守備を構築した。

 そのテュラムの息子であるケフレンは、現在モナコの下部組織に所属中。中盤を主戦場とし、父親よりもパトリック・ビエラ氏のプレースタイルに似ているという。またケフレンの兄であるマルクスは現在フランス・リーグ1のギャンガンに所属。今季リーグ戦8試合に出場して2ゴールを決めている。

 ここ数年で90〜00年代に活躍したレジェンドの息子たちが活躍を見せている。ジネディーヌ・ジダン監督(レアル・マドリー)は長男MFエンツォ・ジダンがアラベスに、次男GKルカ・ジダンがレアルに所属している。

 ディエゴ・シメオネ監督(アトレティコ・マドリー)の息子FWジオバンニ・シメオネは今夏フィオレンティーナに移籍し、ここまでリーグ戦2得点を記録。オランダ代表として活躍したストライカー、パトリック・クライファート氏の息子は父親が育ったアヤックスでトップチームデビュー。昨季は2得点を決め、今季はここまで公式戦6試合に出場している。


●セリエA2017-18特集