杉田、2試合連続棄権勝ちに「こんなことあるんですね」

写真拡大

「楽天ジャパンオープン」(10月2日〜10月8日/日本・東京/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、杉田祐一(三菱電機)がミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦。

試合開始直後の第1ゲーム途中で、ラオニッチが体にトラブルを覚えたようで、一度ベンチに。「ロジャーズ・カップ」以降、ラオニッチは左手首の怪我のため試合を欠場していたが、その左手首以外にアクシデントが出たようだった。結局その第1ゲームが終わったところでラオニッチがリタイアを宣言し、杉田のベスト8が決まった。

杉田にとっては1回戦のブノワ・ペール(フランス)に続き、2回戦も相手のリタイアで勝ち上がる格好となった。

2試合連続で相手のリタイアによる勝利について、試合後の会見で杉田は「こんなことあるんですね」と自身も驚いているようだった。

今日の試合については、「ラオニッチ選手の心配もありつつ、正直もう少し試合がしたかった。ラオニッチ選手の無事を祈ります」とラオニッチの体調を気遣う場面も。

杉田は次戦でアドリアン・マナリノ(フランス)と戦う予定。両者の対戦成績は2勝2敗のイーブン。今年だけで、すでに3回対戦しており、直近では「ウィンブルドン」の2回戦で杉田はフルセットの末敗れている。

「あっさり行く可能性もあるし、なるべく先手が取れるようにしたい。展開を守っている方が有利に取れるので、先にそこを取って行きたい」

「自己最高ランキングで、東京でプレーできることがうれしい。新しい自分としてプレーができるかもしれないので、全力で臨みたい。」

と次戦について明るく語った。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「楽天ジャパンオープン」でラオニッチの棄権により勝利した杉田祐一