劇団4ドル50セントに所属する青木瞭、湯川玲菜、國森桜、福島雪菜(左から)/撮影=大川晋児

写真拡大

作詞家・秋元康氏プロデュースによる「劇団4ドル50セント」(http://www.4dollars50cents.com/)。ほとんどが演技未経験者という16〜27歳の男女30人によって構成された、フレッシュな演劇集団だ。

【写真を見る】劇団4ドル50セントのセンターに大抜擢された國森桜。広島県出身の18歳/撮影=大川晋児

8月のお披露目会見にて、演技とともに歌とダンスも組み込まれたステージを初披露した後、9月の「GirlsAward 2017 AUTUMN/WINTER」(9月16日、千葉・幕張メッセ)ではオープニングアクトとして登場。そして11月には、初めてチケットを販売しての「プレ公演」を上演することが決まっている。

今回は、劇団員の中から國森桜、湯川玲菜、福島雪菜、青木瞭の4人に話を聞いた。

■ 4者4様の“劇団入り”への道

――そもそも皆さんが「劇団4ドル50セント」のオーディションを受けられたきっかけは何だったんでしょうか?

國森桜「モデルになりたいと思ってオーディションを受けていて、そのときに『こういうオーディションがあるみたいだよ』って知人に教えていただいたのがきっかけです。“演技”は自分の選択肢の中にはなかったので、逆に興味が湧いて、やってみたいなと思って受けました」

湯川玲菜「私も芸能界に興味があって、モデルのオーディションに落ちた後にこのオーディションの存在を知りました。女優さんはモデル以上に憧れていた存在だったので、ダメもとでもいいからと思って受けましたね」

福島雪菜「私はモデルを中心に活動させてもらってたんですけど、身長も小さいし、将来も続けられるかなって考えてしまうこともあったんです。そんなときオーディションのことを知って、お母さんからも『取りあえず受けてみろ』って言われまして(笑)。受かったら受かったときに今後を考えようと思って受けたら…、受かっちゃった感じです」

青木瞭「僕も芸能活動をしていて、周囲や友人からの後押しもあって『自分の殻を少しでも破れたらな』と思って受けました」

――じゃあ、この4人は偶然にも「絶対役者にになりたい!」という人ではなかったと。

青木瞭「そうですね」

■ 目標は“日本一の劇団”

――そんな4人がオーディションに合格して、その後厳しいレッスンがあったと聞いてます。自分はどこが、どう成長したと思いますか?

青木瞭「やっぱり気持ち、自覚の部分ですね。劇団4ドル50セントのステージはお芝居に加えて、歌、ダンスもあって、全部が“ド素人”だったんですけど、お客さんに見てもらうからには、だらしないことはできないじゃないですか。常に完璧を求めて、日々高めていこうという思いがあります」

福島雪菜「性格が変わってきた気がします。ホームページのプロフィールにも“自分ファーストな人間”って書かれてるんですけど(笑)、レッスンを通じて視野が広がったというか、全体を見る目を持てるようになったんじゃないかなって。例えば、自分がこっちに動いたほうが舞台が広く使えるし、他の子たちも動きやすいんじゃないかなと考えたりするようになって」

――なにしろ、30人もいますもんね。

福島雪菜「そうなんです。お稽古ではしょっしゅう、ぶつかっちゃったりもしてて」

湯川玲菜「私は、ひとりの先生に言われた言葉で考え方が変わりました。うまくできなかったときに『怒ってるんじゃなくて、もっとできると思ってるから注意しているんだよ』って。それまでは注意されたことに対して、なんで自分はできないんだろう?と落ち込んでいたのが、注意してもらえているんだから期待に応えられるように頑張らないと!と考えられるようになりました」

國森桜「最初のレッスンのときに、声が小さいって先生に言われまして…。自分でも限界まで出したつもりだったから、それがプレッシャーになっちゃって、正直声を出したくないって思ったこともありました。でも考え直して、これは自分にとって越えないといけない壁なんだって思って、少しでも声を大きく出せるように頑張って。そういう頑張る気持ち、成長しようという気持ちを持てるようになったことが、大きいと思います」

――それぞれ自分自身の成長について話してもらいましたけど、劇団4ドル50セント全体は、オーディション合格者が集まったときから成長してると思います?

全員「(声をそろえて)変わりました!」

青木瞭「演技で誰がうまくなったかとは分からないんですけど、みんなの心持ちとか意識はだいぶ変わったんじゃないかなって思います」

福島雪菜「最初のころは大学のサークルみたいな感じがあったよね」

國森桜「そう、みんなで集まって楽しいだけみたいな」

福島雪菜「それが、最近やっと空気感が張り詰めてきたような気がして。今ごろかよ!っていう感じもあるんですけど(笑)」

――変わってきたのは何が理由ですか?

福島雪菜「ちゃんとした目標ができたのが大きかったと思います。『私たち、日本一の劇団になるぞ』って口に出すことで、引き締まったというか」

湯川玲菜「記者会見に向けて、初めて人前で演技を見せるっていうその稽古のときに、みんなの熱量が確実に上がったと思います。気持ちとか、志のようなものが出てきたんじゃないかなって」

■ “#4ドル50セントワールド”を見せたい

――そしていよいよチケットを販売してお客さんに来てもらう「プレ公演」が迫ってきました。それぞれ意気込みを聞かせてください。

國森桜「取りあえず、セリフを間違えないことと、大きく表現することです」

青木瞭「僕は身長が劇団内最高の188cmありますので、大きい体躯を生かして、誰よりも大きいお芝居をして、躍動感のある動きを見せたいと思います」

福島雪菜「『GirlsAward 2017』のオープニングアクトとして出させてもらったときの反省点として、自分たちだけが楽しんで自己満足で終わっちゃったこと、お客さんを巻き込めなかったことがあったんです。だから、プレ公演ではお客さんを巻き込んで、会場が一体となって楽しめたらなと思います」

青木瞭「会場に“4ドル50セントワールド”を作りたい、みたいなこと?」

福島雪菜「そうそう!」

湯川玲菜「それいいかも」

國森桜「Twitterで“#4ドル50セントワールド”って、タグつけよ(笑)」

湯川玲菜「私は取りあえずまだレベルが低いので、歌もダンスも演技も、ひとつひとつのレベルを上げて、自分に自信を持てるようになりたいのと、あと、なんだろう…。みんなで、ひとりじゃなくて全員で頑張って、成功させたいです」

國森桜「うん、30人全員でね」