ダレノガレ明美、トリンドルやローラとの確執を追求され「炎上よ?」

写真拡大

モデルでタレントのダレノガレ明美が、10月4日に放送された『良かれと思って!』2時間スペシャル(フジテレビ系列、毎週水曜22:00〜※4日の放送は21時〜)にゲスト出演。モデル仲間との噂について言及した。

同番組の人気コーナー“世間の声を伝えさせて頂きます”は、視聴者が思う“良かれと思って言ってあげたいこと”を直接ゲストにぶつける企画。ダレノガレには“ただただ生意気”、“痩せすぎてガイコツみたい”など辛辣な意見がぶつけられた。

“ファッションショーでトリンドル玲奈と髪の引っ張り合い……みっともない”という声に対してダレノガレは、モデルと喧嘩したことを認めた上で「(相手が)トリンドルちゃんとは言っていないんですよ。勝手にネットが仲悪いと噂しているだけ」と反論。相手は他の先輩モデルだと言い「ランウェイでは、端を歩いて帰るルールがあるんですけど、その人が真ん中をプリプリ歩くから、“先輩だったら歩き方くらい分かるだろう”」と抗議しただけで、取っ組み合いもなく言い争っただけとのこと。

また、ローラとの仲について、MCのバカリズムは「デビュー当時からローラの妹分として扱われることを強く拒否しており、確執があったのではないか」と追求される。ダレノガレは「これはホント炎上よ? ローラちゃんは愛されキャラ、私は雑なキャラだから妹分になれないっていう意味で(否定しただけ)」と仲の良さをアピールした。

この他にも先日破局報道があった噂の彼氏について告白。遠距離になってしまったので、お互い見つめ直そうと別れを選んだのだとか。現在住んでいる高級マンションも実は彼氏と住むはずだったとのこと。同時に年収も聞かれるハメになってしまい「6千万円はあります」と明かした。ダレノガレは、タレントやモデル業の他にも、香水やジュースなどのプロデュース業で収入を得ているそうで、MC陣は相当羨ましがっていた。