クラブが折れる覚悟のショットを見せた田村(撮影:ALBA)

写真拡大

<かねひで美やらびオープン 初日◇5日◇かねひで喜瀬カントリークラブ(6,581ヤード・パー72)>
10月5日(木)〜10月7日(土)の日程で開催されるステップ・アップ・ツアー第19戦「かねひで美やらびオープン」。初日の競技を終えて、首位に立ったのは1アンダーの勝みなみと谷河枝里子。1打差のイーブンパーには田村、小林由枝、槇谷香、新垣比菜の4人がつけた。
フレッシュな試合の様子を写真でプレーバック!
ルーキーの田村は「我慢する展開は少なく、余裕を持ってプレーできましたが、バーディチャンスをしっかり獲れなかったので…」と反省点を口にしたが、1バーディ・1ボギーと波のないゴルフで上位発進。後半の12番パー5のピンチでは、クラブが折れる覚悟のショットで切り抜けた。
同ホールの2打目地点では、「(振れば)どう考えてもフォロースルーでぶつかる位置に木があって…」と、出すだけの状況を強いられた。だが「トップは上げられる状況で、インパクトは出来ると思った。パー5の2打目で出すだけよりも距離を稼ぎたかった。その後は3番ユーティリティで対応できると思ったので」と、5番ウッドでのショットを選択。覚悟のとおり、5番ウッドは真っ二つとなったが、パーセーブに成功し、その後もスコアを落とさずにホールアウトできた。
2日目以降、優勝争いに絡む上での課題はパッティング。「決めるところで決めていかないと優勝争いはできない。タッチが合っていないので、しっかり修正したい」と語った。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【かねひで美やらびOP】
「イ・ボミさんのように…」勝みなみ、プロとしての最大のテーマは?
「後ろ」から見る!プロの個性 <ステップ・アップ・ツアー編>
未来のヒロイン候補発見!? コレで我らも
【新人・勝みなみの得意番手ゴルフレッスン】ドライバーも含めてすべて左肩でクラブを振ってます