韓国映画「タクシー運転手」のワンシーン。中国当局は、六四天安門事件を連想させる恐れがあるとして同映画についての議論を禁止した(ネット写真)

写真拡大

 中国当局は3日、中国国内インターネット上で今年8月2日に韓国で上映された映画『タクシー運転手』に関連する情報や評論を削除した。映画の内容が「六四天安門事件」を連想させることが原因だとみられる。中国当局は18日開催予定の党大会の前に、国内の言論統制を強めている。

 『タクシー運転手』は1980年韓国光州で起きた民主化運動、いわゆる「光州事件」を題材にし、実話を基にした作品だ。韓国では8月上映以降、観客動員数はすでに1000万人を突破した。韓国映画で1000万人の大台を突破したのは同作で15作目となる。

学生を後ろから襲った戦車
六四天安門事件の体験者が語る
 

 中国国内では同映画は上映されていない。しかし中国人ネットユーザーらは「六四天安門事件」を絡めながら、熱く議論を交わされていた。

 映画や書籍などのレビューが投稿できる情報コミュニティサイト・豆瓣では3日までに、同映画に関するレビュー数が3万件以上で、映画評価点数は10点満点中9.1点となった。

 香港紙・蘋果日報の報道によると、中国のネット検閲当局が国内各サイトに対して、同映画に関するすべてのレビューや評価点数、また同映画の放映を削除するよう要求した。また「タクシー運転手」や「光州」などキーワードでの検索も不可になった。豆瓣映画では3日、『タクシー運転手』のページが突如削除された。

 これに対して、中国のネットユーザーらは「韓国が歴史を反省しているのに、われわれはまだ恐怖の中に生きている」「光州事件は天安門を思い出させた。市内の電話回線が全部遮断され、市外への出入りが制限された。すべての人は政府の言い分しか聞けないし、うわさや推測などに頼るしかなかった。―この感覚に覚えがあるよね?」と批判のコメントを投稿した。

(翻訳編集・張哲)