サウサンプトンを支える吉田 photo/Getty Images

写真拡大

8月のサウサンプトン月間MVPには、日本代表DF吉田麻也が選ばれた。安定した守備でクリーンシートを達成するなど、改めてチームに欠かせない存在であることを示したが、その良い流れは9月に入っても途切れなかった。

サウサンプトン公式サイトは9月の月間MVP候補4名を選出しているが、そこには再び吉田の名前が入っている。今回同サイトが選んだのは中盤で攻守に奮闘する新加入MFマリオ・レミナ、9月にサウサンプトン通算200試合出場を達成したMFスティーブン・デイビス、吉田らとともに堅守を支えるGKフレイザー・フォースター、そして吉田の4人だ。

吉田については守備面で中心的役割を担っていることに加え、ストーク・シティ戦で華麗なジャンピングボレーを決めたことも高評価に繋がっている。同サイトは吉田のジャンピングボレーを「シーサーキック」と呼んでおり、DFとは思えない華麗なシュートには驚かされたようだ。

8月に続いて9月も吉田がクラブ月間MVPに輝くのか。昨季途中からそうだったが、吉田はサウサンプトンの象徴ともいえる存在になっている。