セクシーで躍動的! A-Queen from バーレスク東京の新曲「TOKYO2020」が話題

写真拡大

 六本木のエンターテインメント空間「バーレスクTOKYO」所属の選抜メンバーで構成されているボーカル&ダンスユニット、A-Queen from バーレスク東京。2017年9月20日に発売となった『TOKYO 2020』のタイトル曲が、日本文化の“おもてなし”楽曲として、訪日観光客の枠を飛び越え国内外に飛び火している。

A-Queen from バーレスク東京 ライブ写真(全4枚)

 9月23日には六本木・party onで今作のリリースイベントを開催。当日は会場全面に設置してあるLEDディスプレイや配布されたサイリウムも一役を担い、超至近距離で体感出来るセクシー且つ躍動的なメンバーのパフォーマンスに盛り上がりを見せた。ここで、東京オリンピック開催へ向けた新曲「TOKYO2020」も披露され、駆けつけたファンは狂喜乱舞の大盛り上がり。CDの即売では100枚購入、200枚購入といったまるでバブル期を思わせるような爆買いがあり、約1000枚のCDが販売された。

 なお、「バーレスクTOKYO」は、2020年の東京オリンピック開催を前に、原宿の“カワイイ”に続いて訪日観光客の心を掴みにし、数々のメディアで紹介されいるほか、 Facebookのいいね!数も61万人を超え話題を集めている。


◎リリース情報
『TOKYO 2020』
2017/09/20 RELEASE
<CD>FOCD-0046/48 / 4,630円(tax out.)
【Disc1. A-Queen from バーレスク東京】
01. TOKYO 2020
02. Rumba Rumba Love
【Disc2. バーレスク東京】
01. Dance Again (Jasmine/Candy)
02. Good Time (Mii/Minori/Cherry)
03. We Found Love (Mii)
04. Bad (Candy)
05. Break Free (Kaho)
06. Waiting For Love (Rily)
07. The Nights (Rhyme)
08. Wake Me Up (Jasmine)
09. Beatiful Now (Jessica)
10. Firestone (Kaho)
11. Stay (Rhyme)
12. Titanium (Jasmine)
【DVD】
チケットSOLD OUTの幻の1夜限りの公演
舞浜シアターライブ映像(60分)