「秘密のケンミンSHOW」MCのみのもんた(左)、久本雅美(右)/(C)YTV

写真拡大

毎週木曜、日本テレビ系にて放送中の「秘密のケンミンSHOW」。同番組が10月で10周年を迎えることを受けて、番組MCを務めるみのもんた、久本雅美が取材に応じ、番組に対する思いなどを語ってくれた。

【写真を見る】お気に入りの「まんじゅう入りそば」を試食したみのは、「これは食べてみないと分かんないよ?」と、魅力を力説!?/(C)YTV

――番組が10周年を迎えましたが、今の率直なお気持ちはいかがですか?

みのもんた:おかげさまで満10周年、皆さまに多大なご協力をいただき本当にありがとうございます。この番組が丸々10年続いた、そのすごさもさることながら、多くのチャンネルがある今のテレビ界において、同時間帯の視聴率でよく10年間トップを走り続けてきたなと思います。自分の口からトップなんて言うとおかしいんですが。

やっぱり1都1道2府43県すべてを網羅しているとは言っても「いつネタがなくなるかな」という危惧をもってスタートしたのですが、(10年続けてこられたことで)一切そんな危惧はなくなりました。まだまだあと2年半は続くんじゃないかなと(笑)。

久本雅美:短っ(笑)! 中途半端。

みの:それから、私は6年前に女房に先立たれたんですが、この番組がスタートする時に「よかったわねえ。久本さんと一緒だったら、最高の番組になるよ」って言ってくれたのを今急に思い出しました。うちの女房は彼女の大ファンでしてね。本当にその通りになりました。

彼女の天才的な話術や、司会進行のやり方については皆さん話されるんですが、僕はそれだけでなく、彼女のこの見目麗しい美貌。これが功を奏したんじゃないかなと思います。横にいるたびにね、本当にいつも見ほれています。

久本:いやいや、うそですよ。今(のお気に入り)は橋本マナミですから(笑)。

みの:それともう一つ。ある時私がすべての番組を降板したのですが、この番組だけが残りました。なぜ残ったのかは分かりませんが、久本君や読売テレビさんの大英断だと思います。そういう意味でも、私は50年以上この業界におりますけれども、終生忘れられない番組になると思います。本当にどうも、ありがとうございました。

久本:やばいですね、(みのさんの話を聞いて)今ちょっと涙が…。本当に10年も「ケンミンSHOW」をかわいがっていただきありがとうございます。本当にみのさん、西川きよし師匠や出演者の皆さま、そしてスタッフを皆さまに支えられての10年で。あっという間でしたが、みのさんの話を聞いてると、いろんなことあったなと思いました。

私もみのさんのすてきな奥さまにいつも支えていただいて。いつもみのさんに感謝していただくんですが、私の方こそみのさんにいつも大きな心で受け止めていただいて、好き勝手にさせていただいて、本当に自由に遊ばせていただいています。

いろんなことがあったかもしれませんが、やっぱりみのさん無くしてはこの番組語れないです。紹介する県の県民性や歴史についてビシッと語る時は、「ああ、さっきまで寝てたのにな」と思いながらも素晴らしいなと(笑)。説得力というか、博があるというか。本当にみのさんのおかげだと思っています。

「ネタがもう尽きるんじゃないか」という思いはありましたが、新たな県民の面白エピソードや名産や風習、そういうのを「これでもか、これでもか」というほど教えていただきまして。スタッフの皆さんへの感謝と感動の思いでいっぱいです。

10年あっという間でしたが、また皆さんと一緒に仲良く、そしてまた皆さんに喜んでいただけるような番組をこれからも続けていければと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

――これまで番組でさまざまな食べ物を取り上げてきましたが、一番印象に残っているものは?

みの:僕は日本そばが好きなんですけど、ある時番組で福島のそばが紹介された時、「何か揚げ物が入ってるな」と思ったら、あんこが入ったまんじゅうだったんです。これはもう衝撃的でしたね。まんじゅうが汁の中で混じり合って、実によかったんですよ。

久本:いろんな方によく「ケンミンSHOWで紹介したものって本当においしいの?」って聞かれるんですが、これがもうみんなおいしいんです。やっぱりその土地で歴史を積んでるだけあるなって。

例えば山形の「水かけごはん」、これがまたおいしいんですよ。(最初に見た時は)「こんな貧乏くさいご飯…」って思いましたけど、食べたらびっくりしましたよね。(水をかけることで)ご飯の甘みがパーッて広がって。

――番組で各県のさまざまな県民性を見てきた中で、一番驚いたエピソードは?

みの:僕は沖縄ですね。沖縄の人って、お風呂にほとんど入らないんです。夏も冬もほとんどTシャツ1枚で寝たり起きたりしている。気候がいいからこそでしょうけど、すごいなあって思いますね。

久本:私は山形ですね。「山形ケンミンは生け垣を食べる」っていう。(インタビュー中に)おばあちゃんが普通に、ふらっと生け垣食べてましたからね(笑)。あとは山形の暑さに対抗するための「冷やしシャンプー」。至る所に「冷やしシャンプーあります!」って書いてあって、髪の毛が少ないおじさんもすっきりするんだろうなという。

山形ケンミンの無駄を排除する、ものを大事にする知恵ってすごいなあって思いますよね。以前あき竹城さんが「ブローチじゃなくてみんな缶バッチを付けてる」なんて言ってましたが、これは絶対うそだと思います(笑)。

――日本各地の風土や習慣を紹介する中で、改めて感じた日本の良さは?

みの:数百年前の県境や国境が、ちゃんと残っているってことですね。川1本挟んで右と左で、同じものを食べていても「ケチャップを使う、使わない」「ソースを使う、使わない」とか、食文化の中で江戸時代の地図がそのままいまだに生きているんです。そういうすごさを感じましたね。

久本:やっぱり風景が素晴らしいですよね。離島に行けばやっぱり海がきれいですし、山に行けば遠目に連なる山々きれいだったりしますし。それから、寒い地方と暑い地方それぞれに、みんなが楽しめる独特のお祭りがあり、食べ物があり…いうのは、すごくいいなって思いますね。

あと、これは「日本の良さ」ではないですが、やっぱり「ケンミンSHOW」で自分の出身地が取り上げられることで、改めて自分の県の良さっていうか、面白さを再認識できるというか。それを誇りに持って、みんなが笑い合いながら話せるっていいですよね。

みの:あと言葉ね。全然言葉通じないよね。

久本:津軽とか沖縄はまったく分からないですね。

みの:通訳でもいないとダメなんだもんね。

久本:本当に「日本は狭い」というのはうそですよね。

みの:いや〜、広いよ。本当にすごい。食文化、言葉の文化、全然違うもんね。

――番組を長く続かせるために、お二人が何か心掛けていることは?

みの:僕も長く司会をやってきましたが、久本君(の司会ぶり)を見ていると、司会の極意をつかんでいるようなものですよ。司会者がメインになって、一人で全部持っていっちゃってるような番組もありますが、やっぱり疲れるよね。そんな番組は、視聴者の皆さんも見ないでしょう。

その点久本君は、ゲストの皆さんから出てくる話題を中心にして、あらゆる要素を全部生かしている。見事ですね。この番組が長く続いたのには、やっぱり久本君が持っている人間性もあると思います。

久本:いやいや…。もう、こうなったらみのさんの財産狙うしかないですね(笑)。作戦、OKです!

みの:久本君は天才ですよ。毎回何十人とゲストの方が入っても、全員を光らせていますから。これができる司会者はそういないと思うんですよね。彼女か高橋圭三さんくらいかな。

久本:ずいぶん大先輩ですよね(笑)? 本当に、来ていただいた方が「またケンミンSHOWに出たい」と言ってもらえるように、「楽しかったな」と思って帰っていただけるようにというのが一番ですね。

みの:皆さん僕がお世辞で言っているとお思いでしょうが、全然違うんですよ。例えば、出ていただくゲストの中に若い方がいると、僕とトークのテンポ感なんかも違うじゃないですか。「あのテンポでいかなきゃいけないのかな…」と思うと、なかなか口が弾まない時があるんですよね。

そんな時に、久本君は後ろで「はい、ここ」って感じで、(会話に入るタイミングを)合図してくれるんです。背中を軽くたたかれた瞬間、僕も「あのね」って声が出て話に自然と入っていけるんです。間と緩急が見事。これはうそじゃないです。

久本:こんなこと言ってもらってますけど、別に一線越えているわけではないんですよ(笑)? 皆さん越えてると思ってるでしょ? 越えてません!

――最後に、10月5日放送の「10周年だよ!全県集合スペシャル 46道府県カミングアウトランキング!」の見どころは?

久本:見どころは、これまでの“カミングアウト”の数をランキングにして、どこの県が一番少ないかいうのでですね、順位を付けていったんですけれども。

みの:番組の中身や内容に関しては、彼女が全部やっておりますのでね(笑)。私は隣に立たせていただいているだけで、充分存在感がありますのでね。

久本:素晴らしい! さすが、言うだけですね(笑)。でも意外な県が上位に来ていてびっくりしました。もっと下だと思ってたので。いろいろありましたけど、中でも大阪・新世界の町をフィーチャーしていただいて。あのVTRに出てくる人間ドラマを見て、みのさんが番組中に何度涙したかという…。

みの:本当に泣かされましたよ。あの辺りをおじさんたちは釣りに行くようなジャケットを着て歩いているんですけど(笑)、一瞬通天閣を見上げたおじさんの表情を見ていて、涙流しましたよ。彼らの人生があります。

久本:ディレクターとしては、あれでちょっと笑ってもらおうと思ってたんでしょうけど、みんな泣いちゃいましたね(笑)。すごい計算間違いだったってことかもしれないですけど。でも、私たちもいろんな県民の風習を見ながら楽しませてもらってますね。

私もよく番組で地方ロケに行くんですが、「ケンミンSHOWでおなじみの」とか「ケンミンSHOWで紹介された」って書いてある商品や食べ物に出合うと、ちょっとうれしい気がしますね。番組が全国に広がっていることに、喜びと誇りを感じています。