走馬灯を見た…メイソン、頭蓋骨骨折からの過酷な8ヶ月を激白

写真拡大

『Talksport』は3日、「ハル・シティのMFライアン・メイソンが、頭蓋骨骨折からの8ヶ月を語った」と報じた。

1月のチェルシー戦でギャリー・ケイヒルと衝突し、頭蓋骨を骨折する大怪我を負ってしまったメイソン。

手術は成功し、命に別状はなかった。頭部に14枚の金属板と42本のクリップを埋め込むほどのオペだったという。

サッカー選手としてはまだピッチに戻ることが出来ず、現役引退の可能性もあると言われている。

しかしメイソンは以下のように話し、今は再びプレーすることだけ考えていると明言したという。

ライアン・メイソン

「大きな手術だった。それから数々の外科医と会ってきたよ。

彼らは『スポーツで見られる頭部の怪我では最悪のものだ』と言っていた。彼らはまるで交通事故の被害者のようだと比喩していたね。

顔を動かすためにガムを噛んでいるんだ。筋肉を動かすためにね。上手く行けば、力が戻ってくるよ。

最初は口を開けることすらできなくてね。顎が固定されていたんだ。

レイチェル(妻)が食事をスプーンで与えてくれた。グラスを持つ力すらなかったからね。

これは奇妙な経験だった。8日経って退院し、家に戻った。それから数日、妻が朝食を作ってくれて、僕は初めてオレンジジュースのグラスを手にしたんだ」

【次ページ】「再び歩くことができるか?」

ライアン・メイソン

「オレンジジュースのグラスを持てた。それを自分で飲んだ。なんと凄いことかと思ったよ。

それから一ヶ月、僕は誰とも近づけなかったよ。会話はできないし、1日18〜20時間寝ていたからね。

家族が周りにいて励ましてくれた。そしてレイチェルはリビングで座って、テレビも水に僕だけ気にしていた。

もう一度歩くことができるのか?とだけ考えていた。サッカーができるかどうかではなくね。

しかし、それから間もなくして歩き始めることができた。そして、ジョギングも。

そして、その時頭のなかには一つだけしかなかった。『もう一度、プレーしたい』とね」

(あの時の出来事について)

「それを思い出すだけで喉が締まりそうだね。

エデン・アザールからのクロスが来た。僕はジャンプした。そして、衝突があった。

すぐに深刻な怪我だとわかったよ。頭を触ると、そこにはなにもなかった。そして、頭蓋骨から血が出ていた。

パニックになったよ。痛みすらもはや感じないほどに」

【次ページ】「救急車で変な経験をした」

ライアン・メイソン

「ハル・シティのドクターのマーク・ウォーラーが来て、頭蓋骨が折れていることを知った。顔面の右半分が麻痺していたからね。

ただ、僕は恵まれていたよ。スタンフォード・ブリッジの近くには、30分以内に到着できる病院が3〜4もある。

ドクターは直ぐに手術が必要だと分かっていたから、そのままセント・メアリー病院に送った。

その判断が決定的だったんだ。61分後には手術が行われた。脳の出血は止められ、深刻なダメージを受けるまでには至らなかった。それが、上手く回復できた理由だと思うよ。

救急車では変な経験をしたんだ。とても落ち着いていて、覚えているのは妻のレイチェルが犬を連れて丘を走っているイメージなんだ。小さな男の子と、女の子と一緒に。

思い返せば奇妙だね。彼女は妊娠6ヶ月だ。イメージでは女の子のほうが大きかったから、多分女の子だな!」

(自分が怪我をした時の映像は見た?)

「見ていないよ。なぜそれを見なきゃいけない?

最初の6〜7週間は、エネルギーを失っていた。テレビも見られなかったよ。ノイズが多すぎてね。

ハル・シティのサンダーランド戦を見た。オレンジ色の耳栓を付けながらね。今は問題ないけど」

(脳の状態は?)

「上手く行っているよ。ギャリー・ケイヒルについては何もない。サッカーではこのようなことが起こるものだ。事故だよ。

何らかの保護具を着けてプレーすることになるだろうね。馬鹿にはなりたくないが、いつもヘディングを恐れない選手でありたい。

最高のシーズンはまだ来ていないと思う。トッテナム時代を知っている人は、僕が遅咲きであることも分かっている。まだ10年はあると思うよ。

最終章を待ちわびている。ピッチに戻るときをね。ベッドに入る時に思うんだ。ピッチに出ることを。そして、子供の頃から夢見たイングランド代表でのプレーをね」