ガダルカナル・タカ「完全に変質者」女子アナたちの画力が衝撃的

写真拡大

読売テレビの人気番組『ytv アナウンサー向上委員会 ギューン↑』(関西ローカル)。10月4日の放送回では、女子アナたちのスケッチ対決が展開された。

毎週水曜深夜に放送され、金曜と土曜の深夜にも再放送されている同番組。今回は、番組オリジナルLINEスタンプを作成するべく、メンバーたちが天王寺動物園でスケッチ対決をすることに。

委員長のガダルカナル・タカにスケッチ能力を問われた中村秀香アナは「幼稚園の頃にお絵描き教室に通っていたので任せてください」と、黒木千晶アナが「小学生の時は、絵の上手い人ランキングに入っていた」と、諸國沙代子アナが「幼稚園の時にお絵描き教室に通っていました」と、それぞれアピールするが、タカは「どれも期待出来ない」とバッサリ。中谷アナが話し始めたタイミングでは、まさか園内の鐘が鳴ってしまうアクシデントも。

そんな中、まずはタカの似顔絵で画力をチェックすることに。一同が描き終えるも、タカは「全員ニヤニヤしているので見るのが怖いんですけど……」と不安げな様子。「自信あります!」という中村アナがパネルをめくると、各々が歓声をあげてその出来栄えを褒める。続いて、「先に謝っておきます」と前置きした黒木アナの作品には爆笑が起こり、タカも「手が長い!」「完全に俺、変質者じゃない」と困惑していた。

そして、「もう少し時間があれば……」とこぼす諸國アナの作品には、タカが「内山(信二)くんだよね」とツッコミを入れ、中谷アナの発表へ。すると、またしても園内の鐘が鳴ってしまい、「なんでお前の時だけ鳴るんだよ」とタカも苦笑い。「私、中学の頃、美術部だったので」と自信満々の中谷アナだったが、その評価は「絵心があるのかないのかどっちかだな」と微妙な結果だった。

次週の放送では、中村アナがライオン、黒木アナがペンギン、中谷アナがキリン、諸國アナがカバをそれぞれ担当し、実際にLINEスタンプにするべくスケッチを行う。果たして、どんな衝撃的な作品が生み出されるのか。