プレス発表会に登壇した星野佳路代表

写真拡大

 星野リゾートが10月5日、都市観光型の新ホテルブランド「OMO(おも)」を立ち上げ、2018年春から展開を開始することを発表した。ターゲット層は、観光を目的に中堅ビジネスホテルを利用する顧客層。旭川と大塚の2カ所を皮切りに、全国各地に拡げていく。
 「OMO」は、星野リゾートが展開するラグジュアリーホテル「星のや」、西洋型リゾート「リゾナーレ」、温泉旅館ブランド「界」に続く第4のホテルブランド。観光客が"泊まるだけ"を目的にビジネスホテルに間借りしているような現状に着目し、新しい都市型ホテルの在り方を提案する。
 コンセプトは「寝るだけでは終わらない、旅のテンションを上げる都市観光ホテル」。大きな特長の一つとして、ガイドブックにはないローカルの情報を発信することを掲げる。都市型ホテルにおいてはロケーションが重要な成功要因になるが、「都市観光ホテルにおいては駅前からむしろ離れた立地の方が、レストランやギャラリー、ライブハウスなどその地域ならではのディープな魅力がある」と星野佳路代表は捉える。OMOではホテルから半径"500歩"以内に立地する周辺の施設や店舗と連携を図るなど、地域が一つのリゾートになることを目指し、「部屋ではなく旅を販売する」(星野代表)という。
 ロゴは、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の公式エンブレムを手掛けたアーティストの野老朝雄(ところ・あさお)が制作。「家」をモチーフに立体的に描かれた切妻(きりづま)のデザインを採用した。
 最初の事業として、旭川グランドホテルから生まれ変わる「星野リゾート OMO7(おもせぶん) 旭川」と「星野リゾート OMO5(おもふぁいぶ) 大塚」を来春に開業。名称にある数字は、自社で定義したホテル内における設備の有無やスペックなどのサービスの幅を示す。予約受付開始は11月15日を目指すという。今後は大阪・新今宮駅前に開業を予定している。