香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、MF香川真司について言及した。

 ハリルホジッチ監督は以前、ドイツでプレーする香川とじっくり話したいと語っていた。今回の招集で、その機会が実現したという。

 今回の合宿ですでにほとんどの選手と話したという日本代表指揮官は、香川と「もちろん話した」とのこと。「(クラブでの)前節はテクニックを駆使した美しいゴールを決めた。ドイツでも最も良いクラブにいて、競争しているが、できるだけ多くの試合に出てポジションを勝ち取ってほしいと言った。怪我でレベルが低下したので、本来のレベルを取り戻してほしいと言った。代表でプレーする意欲と決意を持つように言った」と語っている。

 チャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦で出番が与えられなかった香川。W杯につなげるためにも、クラブでの活躍が求められている。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

text by 編集部