ニュージーランド戦の前日会見に臨んだハリルホジッチ監督。意気込みを語った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 10月5日、ニュージーランド戦を翌日に控えた日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が前日会見に臨んだ。
 
 同監督は6日のニュージーランド戦と10日のハイチ戦で「スタメンは同じものにはなりません」と明言。
 
「それぞれの選手が90分をプレーするかは分かりませんが、機会を与えたいです。2試合とも、6人の交代枠を使いたいです。また、選手たちの疲労も考えなくてはいけません。例えば、来週の金曜に試合がある選手もいます。そうした要素を考えながら戦います。ただ、何分プレーしても最大限のパフォーマンスをしてもらいたい。そしてチャンスを生かして欲しい」との考えを明かした。
 
 また、「チームのバランスを崩さないこと。ディフェンス、中盤、前線、そこで一貫性のあるプレーができるように、攻守のバランスを両方保たなくてはいけません。私の頭のなかには3つほどチームの形がありますが、もしかしたらこの試合で試すかもしれません」と、新たな配置、組合わせをテストする考えも示した。
 
 果たしてニュージーランド戦はどんなスタメンが顔を並べるのか。前日練習で別メニュー調整となった原口元気の出場は難しそうだが、これまで出場機会が少なかった選手たちにとってはチャンスとなりそうだ。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥