片平里菜

 シンガーソングライターの片平里菜が12月20日に、3枚目となるオリジナル・フルアルバム『愛のせい』をリリースすることが決定した。今作について片平は「3枚目のアルバム。愛のせい。わたしの愚かな言い訳です。聴いてください」とコメントしている。

 前作『最高の仕打ち』から約1年10カ月ぶりにリリースされる待望のニューアルバムには、TVアニメ『迷家-マヨイガ-』のエンディングテーマとなり、週間USEN HIT アニメ・ランキング1位を獲得するなどアニメファンの間で大きな話題を集めた「結露」、映画『パパのお弁当は世界一』の主題歌、映画は海外の映画祭に出品、海外で泣ける曲として高く評価された「なまえ」、レディースファッション通販『RyuRyu(リュリュ)』のTV-CMとして書き下ろした配信限定シングル「lucy」、など話題のヒットシングルに新曲8曲を含む全11曲を収録。

 アルバムのサウンドプロデュースは石崎光氏、アルバムのアートワークはYOSHIROTTEN氏が担当する。

 また、今作の初回プレス分は数量限定生産の特殊パッケージ仕様となっており、初回特典として「弾き語りコード譜」を封入した豪華な内容となっている。初回プレス分は終了次第、通常仕様に切り替わるとの事なので、確実に手に入れたい人は今すぐ予約した方が良さそうだ。

 今作について片平は「人前で音楽を鳴らしても、ステージの上で照明に当たっていても、いつか憧れたミュージシャンのようにかっこいい人間になれるわけではなく。あぁ、情けないな、かっこ悪いな、でも音楽の前で正直であるしかないと思いました。東京という街、生活の匂い、丸裸な気持ち。こんなふうになってしまったということを何かのせいにして自分を保って、いい加減聞き飽きた愛という言葉にいまだに理想を見ているわたしと世界と。3枚目のアルバム。愛のせい。わたしの愚かな言い訳です。聴いてください」と想いを述べている。

 なお、アルバム収録曲の詳細やジャケット写真は後日発表される。