簡単にできるヘアアレンジですら不器用でうまくできない……そんな方のためにヘアメイクアップアーティスト・高松由佳さんが教えてくれる「ヘアアレンジの基本テクニック」をご紹介! 今回は、結び目のゴムを髪で巻いて隠す「ゴム隠しのやり方」についてご紹介します。

文・角侑子 ヘアメイク・高松由佳 モデル・楠原 菜月(anan総研 No.332 )

シンプルでおしゃれ! ゴム隠しのやり方

さりげなくオシャレに見えることで人気の “ゴム隠しアレンジ”。でも、結び目のゴムを髪で巻いたのはいいけど、毛先をどう始末したらいのかわからない! ピンで留めるにしてもやり方が難しそう! ということで、今回はピンを使わなくてもできる「ゴム隠しのやり方」をヘアメイクアップアーティスト・高松由佳さんに教えてもらいました!

ピンなしでできるゴム隠しのやり方

1:髪全体を巻いてから、ひとつに結びます。片方の指2本をゴムの輪に通しておき、もう片方の手で、結び目の下あたりから、ゴムに巻き付ける毛束を少量取ります。

2:毛束はゴムを隠すように、時計回りに巻き付けます。この時、ゴムの輪に通したほうの手も使って、毛束を持ち替えながら巻きつけましょう。

3:巻きつけた毛束は、毛先10cmほどを残したくらいでゴムに入れます。ゴムに通した指を使って毛束を引き入れましょう。

4:ゴムにいれた毛束の毛先は、そのままだとハネやすいので、束ねた髪の裏側へ持っていきなじませます。

5:ゴムが見えないように、巻きつけた髪の中にゴムを押し入れ、形を整えましょう。

6:ゴムが見えていないか確認して、完成です。

引き入れた毛先は、束ねた髪になじませて

ゴム隠しは、巻き終えた髪の毛先をゴムに引き入れた後が肝心です。引き入れた毛先がハネないよう、ひとつに束ねた髪の裏側へ持っていくことで、より自然に仕上がります。ヘアピン要らずのオシャレなアレンジを楽しんでくださいね。

写真奥・ヘアメイクアップアーティスト 高松由佳さん。ヘアメイクアップアーティスト・山本浩未さんに3年間師事した後、独立。anan本誌を初めとする数々の美容・ファッション誌にて活躍中。

モデルanan総研 No.332 楠原 菜月さん