ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が5日、翌日行われるキリンチャレンジカップのニュージーランド戦について語った。

 ワールドカップ(W杯)出場を決めて迎える最初の代表戦。今回はこれまで出場機会に恵まれなかった選手たちにとってアピールの場になりそうだ。だが、アピールの機会を得るためにも指揮官は条件を課している。

 ハリルホジッチ監督は、10日のハイチ戦と「スタメンは同じにはならない。それぞれの選手が90分か45分かわからないが機会を与えたい」と話し選手を試すことを認めつつ、「もちろん体脂肪が12%以上の選手がいたら、準備ができていないということでリストには入らない」と明言した。さらに指揮官は、「何分かにかかわらず機会を活かしてほしい。彼ら以外にもチャンスを待っている選手はいる」と選手たちの奮起に期待している。

 疲労も考慮してメンバーを選ぶというハリルホジッチ監督は、「一貫性をもって選手を選びたい」と語った。その一貫性とは、「まずチームのバランスを崩さない」ことだという。「守備のバランス、攻撃のバランス、両方保たなければ。私の頭には3つほどチームの形があるが、この試合で試すかもしれない。だが、できない場合もある」と述べた。

 ニュージーランド戦は、日本がボールを持つ展開になる可能性が高い。それでも、ポゼッションより結果を重視すると指揮官は語る。

「フィジカルの面で、オーストラリアとニュージーランドは似ている。フィジカルの戦いが待っている。オーストラリアよりさらにアグレッシブかもしれない。ポゼッションについては、前回のチャンピオンズリーグの話で説明した。ポゼッションの勝利は約束しない。勝利が最も重要だ。そのためには相手より多く点を獲らないと、デュエルで勝たないといけない」

 日本対ニュージーランドは、6日19時20分キックオフ予定だ。

(取材:植田路生、文・構成:編集部)

text by 編集部