【ロシアW杯欧州予選第9節&最終節プレビュー 曠疋ぅ帖▲檗璽薀鵐鼻▲ぅ鵐哀薀鵐匹W杯行きが濃厚

写真拡大 (全4枚)

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選第9節と最終節が5日から10日にかけて行われる。各グループの首位がW杯本大会出場、2位のうち成績上位8カ国がプレーオフに回る厳しい戦いが決着を迎えるが、本稿では5日と8日に行われるグループC、E、Fの注目ポイントを紹介していく。

【グループC】

勝点/得点/失点

1.ドイツ 24/35/2

2.北アイルランド 19/16/2

3.アゼルバイジャン 10/8/12

4.チェコ 9/10/9

5.ノルウェー 7/8/16

6.サンマリノ 0/2/38

★第9節

▽10/5(木)

《25:00》

アゼルバイジャン vs チェコ

《27:45》

北アイルランド vs ドイツ

サンマリノ vs ノルウェー

★最終節

▽10/8(日)

《27:45》

ドイツ vs アゼルバイジャン

チェコ vs サンマリノ

ノルウェー vs 北アイルランド

◆グループC:北アイルランドvsドイツの頂上対決
Getty Images
▽グループCでは8戦全勝の首位・ドイツ代表(勝ち点24)と、そのドイツを5ポイント差で追う2位・北アイルランド代表(勝ち点19)の2カ国がW杯出場権獲得を争っている。5日に行われる第9節では北アイルランドvsドイツの頂上対決が開催され、ここで北アイルランドが勝利できなければドイツのW杯出場が決まることとなる。

▽ドイツは主力のGKノイアーやMFエジル、MFケディラらが負傷で招集外だが、この夏に行われたコンフェデレーションズカップで優勝を経験した若手が控えており、選手層に問題はない。さらに北アイルランドに敗れても最終節の3位・アゼルバイジャン代表戦を勝利できれば本大会出場となるだけにプレッシャーはほぼない状況。ドイツとしては完全アウェイの中、負けないサッカーで最終節を前に本大会出場を決めておきたい。

▽対する北アイルランドとしてはドイツとの頂上対決を制し、5位・ノルウェー代表戦に可能性をつなげたい。ユーロ2016出場に導き、ベスト16進出を果たした名将オニール監督の下、1986年大会以来となる逆転でのW杯出場を目指す。

【グループE】

 勝点/得点/失点

1.ポーランド 19/18/11

2.モンテネグロ 16/18/7

2.デンマーク 16/18/7

4.ルーマニア 9/8/8

5.アルメニア 6/8/19

6.カザフスタン 2/4/22

★第9節

▽10/5(木)

《25:00》

アルメニア vs ポーランド

《27:45》

モンテネグロ vs デンマーク

ルーマニア vs カザフスタン

★最終節

▽10/8(日)

《27:45》

ポーランド vs モンテネグロ

デンマーク vs ルーマニア

カザフスタン vs アルメニア

◆グループE:ポーランド本命の3つ巴の戦い
Getty Images
▽グループEでは首位・ポーランド代表(勝ち点19)、2位・デンマーク代表(勝ち点16)、2位・モンテネグロ代表(勝ち点16)の3カ国がW杯出場権を争っている。3ポイント差を付けているポーランドが本大会出場に向けて優位に立っている中、5日にモンテネグロvsデンマーク、8日にポーランドvsモンテネグロの直接対決が組まれている。

▽首位のポーランドとしては第9節の5位・アルメニア代表戦を確実に制し、最終節のモンテネグロ戦に臨みたい。アルメニア戦を勝利できればモンテネグロ戦は引き分けでも突破確定となるが、3大会ぶりの本戦出場を決めることができるか。

▽5日に行われる2位のモンテネグロvsデンマークは勝ち点、得失点差で並ぶ注目の大一番となる。共にここで勝利すれば逆転での首位通過も見えてくるため、死闘が予想される。とりわけ、2010年W杯予選から参加しているモンテネグロとしては初めて予選突破が近づいている千載一遇の機会だが、このチャンスを活かせるか。

【グループF】

勝点/得点/失点

1.イングランド 20/16/3

2.スロバキア 15/14/6

3.スロベニア 14/10/4

4.スコットランド 14/14/10

5.リトアニア 5/6/18

6.マルタ 0/2/21

★第9節

▽10/5(木)

《27:45》

イングランド vs スロベニア

スコットランド vs スロバキア

マルタ vs リトアニア

★最終節

▽10/8(日)

《25:00》

リトアニア vs イングランド

スロベニア vs スコットランド

スロバキア vs マルタ

◆グループF:イングランド王手、3つ巴の2位争い
Getty Images
▽グループFでは首位・イングランド代表(勝ち点20)が王手をかけ、2位・スロバキア代表(勝ち点15)、3位・スロベニア代表(勝ち点14)、4位・スコットランド代表(勝ち点14)がプレーオフ進出を懸けて争っている。

▽イングランドとしてはホームで行われる5日のスロベニア代表戦で勝利し、最終節を残してW杯出場を決めたいところ。MFデレ・アリがスロベニア戦を出場停止で欠くのは痛いが、いずれにしろ2試合で1勝すればW杯出場が決まる条件のため、余裕を持って残り2試合に挑める状況だ。

▽イングランドの本戦行きが濃厚な中、2位争いは三つ巴の戦いとなり目が離せない。スロベニアに1ポイント差を付けて2位に位置するスロバキアだが、残り試合はアウェイでの4位・スコットランド戦と、同じくアウェイでのスロベニアとの直接対決と、非常にハードな戦いが待ち受けている。この難局を乗り越え、2大会ぶり2度目のW杯出場へ望みをつなげられるか。はたまた、スロベニア、スコットランドの逆転での2位滑り込みとなるかに注目だ。