あって良かったと“実感したくない”クルマの懐中電灯

写真拡大 (全5枚)

一見、ちょっとゴツめの懐中電灯に見えますが、じつは5つの機能を搭載したマルチユースな逸品。クルマに乗っている際の万が一のトラブルに備えておくべき、その性能をご紹介致します!


サバイバルに有効な5機能を完備
いざという時の懐中電灯


車に乗っていてアクシデントに遭遇した場合、衝撃でドアが開かなくなったり、シートベルトが外れなくなったり、脱出が困難な状況に陥ってしまうかもしれません。

そんな、いざという時のために役立つ機能を満載した驚異の懐中電灯がこちら!



ウィキャン
レスキュー5
実勢価格:1280円
サイズ:幅7×長さ19.2cm
重量:130g

何のことはない懐中電灯のように見えますが、シートベルトカッターとガラスハンマーを装備。シートベルトを切断したり、窓ガラスを砕いたりして脱出をアシストしてくれるんです。



カッターなどでは容易に切ることができないシートベルトを安全に切って脱出できます。ケガをしないよう配慮された形状が安心です。



車内に閉じ込められた際にガラスを割り破って脱出できるウィンドウブレーカー機能付き。女性の力でもサイドウインドーを一撃で割ることができるんです。



マグネットでボディに張り付けられます。赤色点滅機能もあるのでルーフに固定し、後続の車両に危険を知らせることもできます。

内蔵LEDにより、本来の機能である懐中電灯として使えるのはもちろん、緊急時の赤色点滅灯としても活用できます。まさに、トラブル時に頼りになる1台5役の優れモノ!

愛車に1台常備して損はない、おすすめの逸品でした!



360.lifeは、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。