画像提供:マイナビニュース

写真拡大

トヨタ自動車は5日、「第45回 東京モーターショー2017」において、2018年年央に発売予定の新型「センチュリー」を初披露すると発表した。今年の東京モーターショーは東京ビッグサイトで10月25日から開催。10月28日から11月5日まで一般公開される。

3代目となる新型「センチュリー」は「匠の技」「高品質のモノづくり」を伝承しつつ、市場ニーズの高い環境性能や搭乗者の快適性を追求したパッケージを実現し、ヘリテージを継承しつつも新しい魅力を付与した内外装デザイン、ショーファーカーとしてふさわしい先進装備・快適装備の採用などに重点を置き、開発を進めたとのこと。

低燃費・高出力化を実現する直噴技術「D-4S」を採用したV8・5.0L 2UR-FSEエンジンを搭載し、ハイブリッドシステム「THS II」を組み合わせることでクラストップレベルの低燃費を追求。ホイールベースの拡大・スカッフプレートとフロアの低段差化・ドアの開口高さの拡大など、後席優先のパッケージにさらなる磨きをかけている。

外装デザインは、グリルなど随所に施した七宝文様や、リヤコンビネーションランプのガーニッシュ部の黒色化など、精緻な華やかさ・落ち着きを表現している。内装デザインは折上げ天井様式を取り入れ専用織物をあしらい、リヤシートには電動オットマンを設定するなど座り心地を追求したリフレッシュ機能付アジャスタブルリヤシートを採用し、心地良さと格の高さを実現した。

新型「センチュリー」では、衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラートなど、ショーファーカーにふさわしい安全装備も採用されている。