ジョンソンがドルゴポロフにリベンジを果たしベスト8進出[楽天ジャパンオープン]

写真拡大

「楽天ジャパンオープン」(10月2日〜10月8日/日本・東京/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、世界ランキング27位のスティーブ・ジョンソン(アメリカ)と世界ランキング44位のアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)が対戦。

世界ランキング7位のドミニク・ティーム(オーストリア)に勝利し勢いづいたジョンソンが、無駄のない完璧なサーブを武器に、ドルゴポロフを圧倒。先週行われた「深センオープン」で準優勝したドルゴポロフを6-2、6-4のストレートで破りベスト8を決めた。ファーストサーブでのポイント獲得率はなんと90%を超えた。試合時間は1時間。

2人は昨年は2度対決。どちらもドルゴポロフが勝利しており、ジョンソンはリベンジを果たした。

勝利したジョンソンは、準々決勝でディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)と対戦することが決定している。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「楽天ジャパンオープン」でベスト8に進出したジョンソン
(Photo by Matt Roberts/Getty Images)