南米5位とのPOに向け日本戦を重要視するNZ監督 「特別な素晴らしい選手が何人かいる」

写真拡大

日本戦前日会見でハドソン監督が語る 「クオリティーの高い相手だ」

 ニュージーランド代表のアンソニー・ハドソン監督は、6日の国際親善試合・日本戦に向けた前日記者会見で、このゲームを来月に予定されている南米5位とのワールドカップ(W杯)予選大陸間プレーオフのシミュレーションとして重要な機会と位置付けた。

 ニュージーランドはすでにオセアニア地区予選の1位を決め、11月には南米予選5位とプレーオフを行う。ハドソン監督は「目の前のゲームが一番大事だと思う。このゲームに全て集中している。今後の準備という感覚ではない」と冒頭に話したものの、次第にこのゲームに対する本音が口をついていった。

「日本チームの強さ、力は誰もが知っていること。特別な素晴らしい選手が何人かいる。クオリティーの高い相手だ。明日のゲームは11月に戦わなければいけないゲームと、同じような状況が生まれるだろう。特に、攻撃面では一つのテストになるはずだ」

 ニュージーランドが対戦する南米予選5位には、大国アルゼンチンが回ってくる可能性がある。そうでなかったにしても、基本的にニュージーランドから見れば格上の国ばかりで、相手の攻撃を受ける時間が長いことは確実になるだろう。そうした時に、日本とアウェーで対戦することは良いシミュレーションになると考えているようだ。

 また、メンバーリストに目を通してみても、選手たちはニュージーランドあるいはオーストラリアでプレーする選手、アメリカやカナダの北米でプレーする選手、ヨーロッパでプレーする選手の3地域に大別されている。そうした意味では、地域性を加味しても日本は“集合地点”としては悪くない場所であることも想像できる。すでに2日に日本入りし、4日間の準備期間を経て日本戦に臨む力の入れようだが、11月のプレーオフを見越してもチームにとって貴重な強化の機会になっているようだ。

「日本と比べてビッグチームではないが…」

 ニュージーランドは6月に、ロシアで開催されたコンフェデレーションズカップに出場している。その経験はチームにとって大きなものであり、明日の日本戦にも生かせるものがあるとハドソン監督は強調した。

「トップチームと戦えることはしょっちゅうあることではない。普段は試されないことを試されることになるので、非常に勉強になった。我々は日本と比べてビッグチームではないが、良いチームではある。一番学んだのは、相手を怖がらずに同レベルで戦うこと。それを明日に生かしたいし、結果を求めて戦いたい」

 ハドソン監督は「ニュージーランドにとってとても貴重なゲーム。日本は何度もW杯に出場している良いチームで、対戦できて本当に、本当に良いチャンスになる」と強調した。日本はすでにW杯出場権という目標を達成しているが、ニュージーランドはまだその切符をつかみに行く挑戦者の立場だ。本気モードで臨んでくるオセアニアの雄との一戦は、ハリルジャパンにとっても有意義な強化の機会となりそうだ。

【了】



轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada



ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images