約2万4000羽の千羽鶴とともに平和祈念ユニフォームを中村明俊館長に手渡した。写真:©V・ファーレン長崎

写真拡大

 ヒュンメルとV・ファーレン長崎が被爆70年となる2015年より発表してきた平和祈念ユニフォームを、同チームの選手3名が長崎原爆資料館を訪問し、サポーターらが作成した千羽鶴2万4000羽とともに寄贈した。
 
 この平和祈念ユニフォームは8月のホームゲーム2試合とアウェーゲーム1試合の合計3試合で着用しており、折り鶴とタスキをメインモチーフにデザインされ、原爆の悲惨さと平和の尊さを次世代につないでいく気持ちが表現されている。
 
 長崎原爆資料館を訪れたのはFW吉岡雅和、MF 翁長聖、MF林田隆介の3選手。ユニフォームと千羽鶴を中村明俊館長に手渡した吉岡は、「今回、千羽鶴作成にご協力いただいたファン、サポーター、企業のみなさんに感謝申し上げます。ありがとうございました」と、スタジアムなどで折り鶴の協力をしてくれたサポーター、サッカーファンに感謝の気持ちを述べた。
 
 平和祈念ユニフォームを着用する意味については、「今年で3回目を迎えた平和祈念ユニフォームの着用、そして千羽鶴を長崎県をホームタウンにするV・ファーレン長崎から寄贈させていただくことで、一人でも多くの方々、そして次の世代に平和の尊さを伝えていければと思います」とコメントした。
 
 寄贈されたユニフォームと千羽鶴は、過去2年のユニフォームや平和スニーカーとともに原爆資料館の地下1階に展示される予定だ。
 
V・ファーレン長崎公式HP
http://www.v-varen.com/
 
hummel(ヒュンメル)公式HP