画像提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)は5日、新型軽自動車「N-BOX」が9月1日の発売後、約1カ月で累計受注台数5万2,000台(10月4日現在)を超える好調な立ち上がりになったと発表した。販売計画は1カ月あたり1万5,000台とされており、受注台数はその3倍以上となった。

また、同日に全国軽自動車協会連合会が発表した「軽四輪車 通称名別新車販売速報」によると、「N-BOX」シリーズの2017年度上期(4〜9月)における販売台数は9万4,601台となり、登録車を含む車名別新車販売台数において第1位を獲得したという。この記録は、2002年度上期に「フィット」が達成して以来、15年ぶりとなり、ホンダの届出車としては初めてとなる。

受注台数の構成比は「N-BOX」が44%、「N-BOX Custom」が56%となっており、購入層は子育て中のファミリー層を中心に、シニア層まで幅広い支持を得ているとのこと。ホンダは購入ポイントとして「先進の安全運転支援システム『Honda SENSING』」「軽乗用車最大級の広い室内空間」「優れた走行性能と燃費性能」「クラストップレベルの静粛性」を挙げている。