ついつい食べてしまう、絶妙な甘みと風味のバランス。木村屋の『ジャンボむしケーキ』|ROOMIEおやつ部

写真拡大 (全4枚)

毎日忙しくがんばる仕事。たまのブレイクタイムを癒してくれるのが、毎日のおやつだ。ROOMIE編集部員が休憩中に食べたおやつや、いただきもののお菓子、取材先へのおもたせなどをご紹介。おやつは、ただの空腹満たしにあらず。チョイスやタイミングで人生が変動する、1日で最もキーとなる時間なのだ!

蒸しパンでなく「むしケーキ」

蒸しパンの定番と言えば、木村屋の『ジャンボむしケーキ』。ふわふわしっとり、飽きのこないおいしさ。一口食べると、やわらかくほどよい甘みと、くちどけのよさに感動する。たまごを贅沢に使っているだけあって、たまごのやさしい風味が広がる。ところで「蒸しパン」ではなく「むしケーキ」? と疑問に思ったことはないだろうか。それは、従来の「蒸しパン」の要素に、新たに洋菓子の「ケーキ」の要素を加えたことで名付けられたそう。従来の蒸しパンと比べると、油脂、砂糖、卵の量が多くなったのが特徴で、混ぜた生地を低温で寝かせる。普通の蒸しパンは時間を置かずに蒸し上げるが、それよりも高配合の「むしケーキ」は、低温で長時間寝かせる方がおいしいそうだ。みんなに愛されるロングセラー商品のおいしさの裏には、開発努力があるのだな……。絶妙な甘みと風味のバランスで、ついつい食べてしまう味。プレーン味の安定感はもちろん、いつも楽しみにしている季節限定の味(秋は和栗)も間違いない。冷蔵庫で冷やしたり、トースターで軽く焦げ目がつくくらい焼いてもおいしい! ↓ そのライバルもなつかしい ↓ 

北海道チーズ蒸しケーキ

¥ 詳細はこちら

ROOMIEおやつ部バックナンバー・今夜はお月見。やまざきの『月見団子』で月を愛でたい・コンビニでひときわ輝くパッケージ『ショコランタン』・甘じょっぱさが癖になる、ピーナッツバター×アメリカンチョコ『Reese's』・湖池屋プライドを背負った『KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平 釜の塩』・トランプ感がすごい『食べるトランプ』、わりと盛り上がる・大人向きのサイズ感が新鮮。無印良品『大粒卵ボーロ』・半冷凍にしてもおいしい。セブンイレブンの『もちとろチョコミント』・海老感がすごい。『湖池屋スゴーン 海老まるごと』・はんなりもっちり、広島の『生もみじ』・缶デザインが渋い。ジャケ買いしたくなる『榮太樓飴 黒飴』・噛みごたえのある人生を生きる『ビーフジャーキー』・小袋を開けると、栗の香りが広がる『はいからサブレー 栗』・スイーツ界のインスタ映え部門に推薦『クリスピー・クリーム・ドーナツ』・ポテチ×チョコという絶対的安定感『じゃがチョコ』・週の半ばは呑むべき日、おともは『鳥皮レモン』・『チョコリエール』が、ブルボン商品の中で1番だと信じてやまない・気のりしない月曜日の癒しメイト『さくさくぱんだ』