じわじわとセレブの間で流行ってきている「For The D(彼のために)」「For The P(彼女のために)」チャレンジを知ってる? 「彼や彼女のために◯◯をしてあげた/◯◯してあげる」とラップ調で歌うチャレンジで、先週女性ラッパーとして19年ぶりの快挙を成し遂げたCardi Bや、女優のサナ・レイサンなども参加。そんな中キム・カーダシアンも、とあることを「For The D」したよう!

「For The D」チャレンジって?

「D」や「P」はそれぞれ男性と女性の"あそこ"を表していて、歌の意味は「彼や彼女とセックスするためなら◯◯」。セレブは色々なことを「パートナーのためにしてあげた/してあげる」と歌っている。その多くはジョークだけど、それだけパートナーを"愛している"と表現しているみたい!

▽例えば、Cardi Bはこんなことを歌った動画をInstagramに投稿。

I don't think I can RAT tho I see you in heaven for that dick cause I Rather DIE!!!

A post shared by Cardi B Official IG (@iamcardib) on

「私はDのために自分を誘拐した/両親に身代金を払わせた/Dのために裁判所へ行った/Dのために、"あいつが犯人よ"と言ってやった」

▽サナ・レイサンは「Dのためにヘアスタイルを変えた」と歌っていて…衝撃的な結末に注目!

「Dのために金髪になった/次はDのために髪を切った/今度はDのために坊主になった」

この流行りに乗っかったのは世界中から注目を集めるセレブ、キム・カーダシアン。彼女は先月プラチナブロンドにヘアスタイルを変えたのだけれど、サナと同じく「Dのためにやった」とInstagramで告白!

I’d go blonde for that D...😂

A post shared by Kim Kardashian West (@kimkardashian) on

「Dのためなら金髪にもなるわ…(笑)」。ちなみに妹のクロエは「あんたはDの虜になってるわね!」とコメント。

キムが夫カニエのためにヘアスタイルを変えたというのは、あながち嘘ではないようで、キムのメイクアップアーティストのジョイス・ボネリは、「カニエは私のヘアスタイルをすごく気に入っていたの」と明かした。

「キムは2015年にも1度ブロンドになったことがあったわ。実はその前に私がブロンドになっていて、カニエがものすごく私の髪型を気に入ってたの。彼はキムに『ジョイスの髪型にしてよ、絶対かっこいいって。週末だけでいいから』とお願いしていたわ」

さらに、キムは彼女自身のアプリでどれだけ気合を入れてプラチナブロンドにしたのかを告白。

「数年前にプラチナブロンドにした時は、1日で染めてしまったの。あまり時間をかけなかったのよ。だから、今回はまず12時間座りっぱなしで、さらに後日5時間もかけたほど気合を入れたわ。でも、それだけやった甲斐があったの! すごく満足しているし、しばらくこれをキープしようと思うわ」と話したキム。「Dのため」に合計17時間もかけてイメチェンしたという気合の入れよう…!

彼女たちの他にも、女優のイッサ・レイとレジーナ・ホールは「Dのために火星に行く」と歌い、ミュージシャンのエリカ・バドゥは「Dのためなら窓側の席を譲る」「Dのためなら肉を食べる」などと歌っている。大勢のセレブたちが面白おかしく、彼のため、また彼とのセックスのためなら◯◯する、とラップ。今後も流行りが続きそうな「For The D」「For The P」チャレンジに、SNSを開くときはぜひ注目してみて!