W杯南米予選は「7差」に7カ国の大混戦 メッシ擁するアルゼンチンも敗退危機に直面

写真拡大 (全2枚)

ブラジル首位突破も2位から8位が大激戦 ラスト2戦で残り「3.5枠」を争う

 リオネル・メッシが、パウロ・ディバラが、アレクシス・サンチェスがロシアの舞台に立てないかもしれない――。

 最終盤を迎えるロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選は早々に1位突破を決めたブラジル以外、壮絶な大混戦となっている。「4.5枠」を巡る戦いが残り2節となったなか、W杯二度の優勝を誇るアルゼンチン、現南米王者であるチリがそれぞれ5位、6位に沈んでいる。彼らが見るのは天国か、地獄か。熱く燃える南米の10月決戦を展望したい。

 まず、16節終了時点での順位表を整理すると、圧倒的な力を見せて首位突破を決めたブラジル、すでに予選敗退が決まった9位ボリビア、10位ベネズエラ以外の7カ国が、わずか「勝ち点7差」にひしめき合うという、未曽有の大混戦となっている。

 特に苦戦ぶりが取り沙汰されているのがアルゼンチンだ。2016年に行われたコパ・アメリカ・センテナリオ後にエースFWメッシが代表引退をほのめかし、それを翻意した直後の第7節ウルグアイ戦ではメッシのゴールで1-0の勝利を挙げて反撃ムードに乗ったかと思いきや、格下と思われたベネズエラに2-2ドロー、宿敵ブラジルに0-3完敗、過酷な高地で知られるボリビアとのアウェーマッチで0-2の敗戦を喫するなど、現時点で大陸間プレーオフに回る5位にとどまっている。

 チームは9月から昨季セビージャを躍進に導いたホルヘ・サンパオリ新監督を迎え入れたが、指揮官の目指す攻撃サッカー構築には程遠い状況で、第16節では最下位ベネズエラ相手に1-1と再び引き分ける失態を犯した。また今夏のコンフェデレーションズカップで準優勝したチリも、前回のAマッチウィークでパラグアイ相手にホームで0-3と敗れると、続く敵地ボリビア戦で0-1と連敗。上位固めのはずが、出場圏外の6位にまで落ちてしまった。

アルゼンチン対ペルーが運命を分ける一戦に

 混沌とした状況で迎える10月連戦の対戦カードは以下になる。第17節の国名のカッコ内は現状の勝ち点だ。

[第17節/10月5日]
アルゼンチン(24)vs ペルー(24)
ボリビア(13)vs ブラジル(37)
チリ(23)vs エクアドル(20)
ベネズエラ(8)vs ウルグアイ(27)
コロンビア(26)vs パラグアイ(21)

[第18節/10月10日]
ブラジル vs チリ
エクアドル vs アルゼンチン
ペルー vs コロンビア
ウルグアイ vs ボリビア
パラグアイ vs ベネズエラ

 他会場の試合結果にも大きく左右されるとはいえ、アルゼンチンが4位以内へ浮上するためには最低でも1勝が必要となる。特に勝ち点で並ぶものの得点数で上に行かれている4位ペルーとのホームゲームは、是が非でも勝ち点3をものにしたい一戦となる。もちろん連勝すればペルー、チリを勝ち点で上回ることが確定するので、自力突破を決められる立場にはある。

 アルゼンチン以上に厳しいのは、チリかもしれない。ホーム最終戦は一縷の望みを懸けて勝ち点3を狙いにくる8位エクアドル、そして最終戦は“消化試合”とはいえ、FWネイマールら攻撃陣が絶好調のブラジルとの敵地決戦が待ち受ける。主力MFアルトゥーロ・ビダルがパラグアイ戦でオウンゴールを献上した際には、ツイッター上で批判の声が殺到するなど、選手にかかるプレッシャーも苛烈になっている。

 またMFハメス・ロドリゲスらを擁する3位コロンビアも、4位と5位から勝ち点2差と決して安泰ではない。仮定の話だが、第17節でアルゼンチン対ペルーが引き分けに終わり、エクアドルとパラグアイが勝利を挙げたとすれば、最終節を残してさらに混迷を深めることになる。

 強国と見られる面々の躓きによって盛り上がりを見せる南米予選。各国のビッグネームは最後に笑うのか、それとも……。世界のサッカーファンの注目が、南米大陸に注がれることは間違いない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images